2020年08月14日

お立ち台久々にCB400F搭載3

CP夏季休暇前に21号機の組み立て作業を始め
その日の内に自立させたのですが
その他の部品入荷がお盆明けと他に
BOとなっている部品も数が多く
最速で組み上がったとしてもお盆明けから
3か月は掛かると思います。
これもコロナの影響なのかと思うのですが
純正部品やリプロパーツなどの部品が
長期欠品が多くなっており、部品入荷待ち状態が
この先もかなり続くと思います。
今日の打ち合わせで決まった事は
CP製フル強化オイルポンプを取り付ける方向になりました。


並行408中古車入荷

久しぶりにCPお立ち台にCB400Fが上がりました。

並行408中古車入荷並行408の中古車両になります。

ヘッドライト、シート、前後フェンダーなど

リプロ新品に交換してあり現状となります。

数年前にエンジン腰上O/H済み。

車体価格はお問合せ下さい。


手古摺る三重M号

バッテリー充電も完了したんので、エンジンを始動するも

三重M号手古摺る (1)どうも、キャブの調子が出ないので

またキャブを取り外して

テスト用に交換してみる事になったのだが

それでもエンジンの調子が

三重M号手古摺る (2)良くなる分けでも無く…。

で、よくよく思い出したのが

元々付いていた溶接されたガバナ!

これは何かあるに違いないと思ったので

三重M号手古摺る (5)エンジンが掛かっていた元の状態に

戻してみる事にした。

ウオタニを取り付ける時に

Tマークは確認してあるのですが

三重M号手古摺る (4)念の為再チェックしましたが問題なし。

で、機械式ポイントに交換して

エンジンを掛けてみるも全然ダメなので

今度はテスト用ガバナとIGCに

三重M号手古摺る (5)交換してみる事に。

こちらはTEC製ガバナを取り付け。

Tマークも確認したけど

これも問題は無いので

三重M号手古摺る (6)テスト用ガバナセットを取り付けてみて

IGCもテスト用を取り付けてみたのだが

何も変化が無い…もうお手上げ状態…

で、以前見た事があり関東の方からも

三重M号手古摺る (8)アドバイスを頂いた、極稀にある

クランクの穴位置がズレている事なのだが

これは夏季休暇前に腰上をやり直した時に

上死点をチェックして確認して組んだので

やはりこれも問題ない。

原因が全く分からなくて、かなり手古摺っている状態です…。

多分分かったら単純な事なんだろうなぁ…クッソ!

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 販売 | キャブレター

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔