2020年08月01日

只今絶賛ドツボ中3

ちょっとした遊びのつもりで購入したミニカー
BUBU505-Cの駆動系トラブルと
搭載させているエンジンAB19の部品が
一切純正部品が出ない事から
エンジン積み替えを検討しています。
幾ら修理しても、三日も持たないんじゃぁダメだわ。
なので、今度の修理では、駆動系を取り外す事が
出来ないぐらいにするつもりです。


三重M号エンジン不動

昨日はバッテリーの充電不足が原因で

三重M号エンジン不動調査 (1)エンジンが掛からなかったので

バッテリーを充電してから

実圧縮圧力を測定した所

余りにも低く目を疑うぐらいの数値で

三重M号エンジン不動調査 (2)エンジンも掛からないので

点火系?と思いチェックするも問題は無く

キャブ?と思いチェックするも問題は無く

バルタイ?と思いチェックするも問題がない…。

三重M号エンジン不動調査 (3)そうこうしているうちにヘッドカバーを

締める怪しいねじ山部分が数か所

上がっていたので、そこを修正しながら

今までこんな事は無かったのにと色々悩む…。

三重M号エンジン不動調査 (4)で、何度チェックして見ても

今の所エンジン不動原因が分からない。

前回と違う所はピストンを0.5mmOSに変更し

ピストンリングも新品になったぐらい…。

今月は全くどの車両も絶賛ドツボにはまっています。


BUBU505-C駆動系修理からのエンジン載せ替え

駆動系の不具合が相次ぐ上にエンジンパワーが全く無く

BUBU505-Cエンジン載せ替え (1)しかもAB19系エンジンの必要な部品が

全て廃盤になっておりどうしようもないので

このホンダAB19系エンジンを下して

まだ部品が出るAF28系Dioのエンジンを

BUBU505-Cエンジン載せ替え (2)搭載する事にしました。

某Yオクでキャブ付きのエンジンを購入。

エンジンマウントの位置が違うので

マウントも製作しないと乗らないので

BUBU505-Cエンジン載せ替え (3)エンジンマウントも作ります。

取り合えず駆動部分のカップリングを

接続してエンジンのセンターを出して

エンジンマウントを作る準備。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (4)カップリングの位置を合わせて

アッパーのエンジン固定マウントを加工。

これでエンジンの位置は決定しました。

後はロア側のエンジンマウントを作ります。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (5)なるべくオリジナルを加工したくないので

この位置でロアのエンジンハンガーを作り

固定出来るようにする作戦です。

その間に配線やワイヤー類を交換して

BUBU505-Cエンジン載せ替え (6)まずこのエンジンが正常に動くのかを

確認するのですが、ここで肝心なのが

EXマニの位置と大きさが違うので

マフラーも作らないといけない事です。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (7)このエンジンの燃料系は燃ポンが取付くので

燃ポンも取り付けたついでに

ガソリンコックも398のコックに交換し

コックのON/OFFが使える様に変更。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (8)燃ポンの負圧ホースとキャブと

アクセルワイヤーも交換して

エンジン始動準備が整ったので

取り合えずエンジンが掛かるのかをチェック!

BUBU505-Cエンジン載せ替え (9)エンジンは無事に始動したのですが

作ったマフラーは直管なので

このままでは家に帰れないので

サイレンサーに詰め物を沢山入れて静かにしました。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (10)その他色々な不整合を処理して

何とか無事に動くようになりました。

これで後はマフラー

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔