2020年07月19日

BUBU505-C駆動系交換計画3

出力軸のカップリング不具合からやっと復旧し
普通に楽しめる様になったと思って居たのもつかの間で
昨晩弟と夜遅くまで掛かり
今出来る最終手段の溶接をして無事帰宅したのですが
今朝出勤する時、ガレージから出庫する際に
残念な事にまた出力軸の別の所が破壊した模様…。
クソ道楽車に結構苦労させられてますわ…。


大阪M号クラッチ交換

昨日クラッチの不具合で入庫して来た大阪M号の

大阪M号クラッチ交換200719 (1)クラッチ交換作業に取掛ります。

サクサクっとカバーを取外して

R側臓物関係とご対面。

何か強化クラッチスプリングが入ってる?

大阪M号クラッチ交換200719 (2)良く分からないのですが

純正ではなさそうな感じです。

で、取合えずクラッチを取外し

フリクションディスクとプレートをチェック!

大阪M号クラッチ交換200719 (3)オイル交換が年1ペースだとオイルが乳化し

プレートに錆が回りますし

乗る時間も少ないとの事なので

ディスクが貼り付いた痕跡もしっかりとあります。

大阪M号クラッチ交換200719 (5)こうなると最終的にディスクが

歪んでしまい、クラッチが切れないと言う

現象に陥り、調整しても無理です。

なので、エンジンを掛けるだけではなく

大阪M号クラッチ交換200719 (8)乗る事もメンテナンスになりますし

オイル交換も、乗ってい居ないからではなく

一度オイルが撹拌されてしまえば

酸化し、オイルの中に水分が入るので

大阪M号フロント周りに違和感あり (1)定期的な交換をお勧めしている分けです。

クラッチの交換が終わりエンジオイルを入れ

クラッチを調整するのにまたがってみたのですが

真直ぐに走らないのでチェックをすると

大阪M号フロント周りに違和感あり (2)ハンドルが曲がっているのか?

ハンドルを真直ぐにするとタイヤは左に

タイヤを真直ぐにするとハンドルは右が

手前に来ている状態でした。

画像では分かりにくいのですが怖くて試運転が出来ませんでした。


BUBU505-C出力軸交換

以前カスタム用のと弟にあげたディオのエンジンが余っていたので

部品取りAF35エンジン試しにAF35エンジンのギアーボックスを

分解して、ミッション一式を取り出し

何とか使えるんじゃない?って事になり

午後から自宅へ戻りBUBU505-Cのエンジンを

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (1)取外してギアーの移植を試みる事になり

エンジンを取外して店に持って帰り

分解して互換性がある物なのかを

確認してみてから、部品取りエンジンを

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (2)買っても良いかなぁと言う事になったので

もう何度も分解しているので

手慣れた物で、サクサクっと

エンジンを車体から取外しました。

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (3)後はこのエンジンを諦めて積み替えるか

部品取りエンジンを購入して

組み替えるかどうかと言う所になった。

諸悪の元凶はカップリングスプラインの

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (4)強度不足による物がエンジンパワーと

車重と言う負荷に対して

ドライブシャフトに動力を伝えきれず

空回りしてしまう事が原因です。

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (5)その原因のカップリングはもう

摩耗してしまっており

部品なんかは手に入らないと言う代物で

まぁ最悪は何かを加工しても良いかなぁと

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (6)言う事でエンジンを店に持って帰り

分解をしてみてから考える事にして

取合えずギアーボックスを取外して

AB19のギアーボックスとAF35の

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (7)ギアーボックスの互換性を確認してみた

寸法やギアーの大きさは同じだったけど

ギアーの形状が平歯車と違い

より動力が伝え易いらせん状の歯車になっており

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (8)軸径も太くなっていたのだが

基本的な構造は同じなので

軸受けのベアリングサイズを変更すれば

使えると言う事で、太くなった出力軸の

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (9)軸受けベアリングを探してみたら

CB400F用クラッチリフターベアリングが

何とまぁピッタリと合ったw

これで組立が出来る様になったので

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (10)サクサクっとギアーボックスを組立てて

カットされていた出力軸が

ナット止めで固定出来る様になったのだが

カップリングがかなり摩耗している事から

BUBU505-Cミッションギアーボックス交換 (12)ナットを溶接してカップリングを固定して

抜けないようにすると言う

最終手段を取る事にしました。

これでダメならAF18のエンジンに交換します。



peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔