2020年05月14日

第三回体幹トレーニング3

昨日の定休日も弟に手伝ってもらって
体幹トレーニングを一日やっていたので
なので今日もまた筋肉痛になってます。
昨日は気温も高くて、結構な汗をかいたので
体重は2キロも減って97キロになりました。
以前の様な痩せ方ではなくて筋肉を付けながら
脂肪を燃焼させているので中々良い感じです。
今の体脂肪率は約1/3が脂肪ですが
それも徐々に減りつつあります。

 
まっきーR納車へ向けて

まっきーRのニッシンの縦型フロントブレーキマスターは

まっきーRフロントブレーキマスターエアー抜き (1)少し放置すると、エアー嚙みしてしまうので

納車間近になってきそうなので

フロントブレーキマスターの

エアー抜きをして置く事にしました。

まっきーRフロントブレーキマスターエアー抜き (2)マスター本体にエアーが入るので

バルブからチョイっとエアーを抜けば

フロントブレーキが使える様になりました。

後は朝晩フロントブレーキを握って

エアー嚙みしない様にすれば大丈夫らしい。

このタイプのニッシンのマスターにはよくある事らしい

知らんけど…。


京都M号発電量チェック

先日配線の手直しをした時に、バッテリーが弱い事に気が付いたので

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (1)バッテリー電圧を測定してみた所

12Vを切っているので、このバッテリーも

少々寿命なのかも知れません。

で、念のため発電量もチェックしました。

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (2)5,000rpmをキープして測定しましたが

発電量は中々上がらず

結構頑張ってみて発電量を測定しました。

結果は、発電量もかなり低く

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (3)頑張っても13.5Vなので

ステーターコイルを交換した方が

良いかも知れません。

5,000rpmをキープして走行すると

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (4)結構な速度になるので

一般道では厳しいと思います。

取合えずバッテリーを充電したら

バッテリーが復活し発電量も大幅に改善傾向なので

後はオーナーにバッテリーの管理をして貰える様にお話をしました。


Z50Zブレーキシューチェック

本日オーナーがご来店され、「ブレーキシューの交換を」

Z50Zブレーキシューチェック (1)とのご要望があったので

純正部品を調べたら廃盤だったので

取合えず現物をチェックして見ようと

フロントタイヤを取外しました。

Z50Zブレーキシューチェック (2)ブレーキドラムを取外して

ブレーキシューをチェックして見ると

どうやら一度交換をされているようで

全然健全な状態でした。

オーナーから教えてもらった専門店の部品は

純正部品と明記されていたのですが、何か別の車両の流用品かも知れない。

廃盤のブレーキシューは本体があればシュー貼り換えが出来ますので

お値段的にも多少はリーズナブルです。


巷で悪評高きアベノマスクが届いた!

日本で悪評高きアベノマスクが今日配達されてきました。

巷で噂のアベノマスクが届いた!改めて実物を見ると

こんな物に数億円の費用を掛けて

本当にバカらしいと思った。

もう普通にマスクは手に入るようになったから

これは使わずに、僕の歴史の中に封印して保管する事にします。



peke_cb400f at 18:00│Comments(0) メンテナンス | 電装品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔