2020年05月05日

我慢週間七日目3

今週木曜日からの通常営業再開前に
自宅に沢山あるアルコゾール原液を7:3で割って
消毒液を嫁が作りました。
商品名は:めぐみゾール消毒液らしいです。
販売はしておりませんw
で結果、緊急事態宣言は延期になったけど
自粛要請は6日で終わるのかと思って居たのですが
各都道府県知事の権限で緊急事態措置を講ずる事が
出来る事をすっかりと忘れてたわ…。
せっかく我慢週間が終わったら、魚釣りにでも行こうと思って
釣り道具の手入れをしていたのに、残念で仕方がない…。
で、今日は五月五日なので、孫に現金とおもちゃを送った。
最初は楽しそうに遊んでいたらしいけど
直ぐに飽きてしまったらしい。
そう言う所も爺さん譲りなんだなw


小金持ち自由人君用オイルキャッチタンクニップル入荷

タケガワのエイプ用オイルキャッチタンクを

小金持自由人君用オイルキャッチタンク用ニップル入荷カブ用にカスタムする自由人君用の

タケガワ純正部品のニップルが入荷。

これで後はオイルキャッチタンクの

溶接などのカスタムが終われば

小金持ち自由人君がご来店となりますw


1号機デュアルテンプメーター取付

スタックのタコメーターを取付けたので

1号機デュアルテンプメーター取付 (1)行き場所が無くなってしまった

アクティブのデュアルテンプメーターの

取付位置が決まりました。

左がオイルクーラーのIN側で右が外気温度。

1号機デュアルテンプメーター取付 (2)アクティブのデジタルタコメーター機能は

スタックのタコメーターに移動させたので

オイルクーラーOUT側の油温を測定し

油圧と電圧だけにしました。



で、結局1号機のコックピットはまた何時ものジャングルジム状態になりました。


GTH号エンジン復活への道その4

昨日腰下の組立が終わったGTH号エンジン復活作業の続きで

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (1)今日はピストンのカーボン取りを

やって仕舞う事にしました。

今のピストンの状態はこんな感じです。

異常燃焼などはありませんね。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (2)ピストンリングもまだ健全な状態で

トップリングからの圧縮漏れも無く

セカンドリングの摩耗もまだまだ使える範囲。

でも、ついでなので新品に交換します。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (4)多分使う事はないと思いますが

ピストンリングは一応丁寧に取外し

それぞれ取外した気筒分に分けて

念の為保管出来る様にしてあります。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (5)リングを取外したピストンの

カーボンを除去するために

リムーバーをぶっ掛けて放置して

カーボンを浮かせて取除きます。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (6)これを何度か繰り返して

ピストンにこびり付いたカーボンを

少しずつ綺麗に剥がして行くと

こんなに綺麗になりました。

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (2)次にオイルパンを分解洗浄するので

このピストンなどの残骸をポイするので

セパレーターを取外して洗浄をします。

ついでにオイルフィルターケースも

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (3)洗浄してブラストで仕上げてしまいます。

結構な量の粉々になったピストンの

残骸が残っていました…。

オイルパン自体も汚れが酷いので

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (4)セパレーターとオイルパンを

ウエットブラストで再仕上をしました。

これでまた以前の様に艶っぽく戻りました。

オイルフィルターケースもブラストを済ませ

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (6)オイルパンのセパレーターを取付け。

これで残骸だらけだったオイルパンと

フィルターケースも下拵えが完了です。

後はシリンダーヘッドカバーの掃除ぐらいで

下拵えは完了するかな?


peke_cb400f at 14:00│Comments(0) 電装品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔