2020年05月04日

我慢週間六日目3

まぁ余りコロナの事に関して語るつもりは無かったのですが
緊急事態宣言が今月末まで延期される事が決まったので…。
当初このコロナ感染症をこれ以上拡散させない為に
このGW期間中の5月6日まで不要不急の外出を自粛するようにと
各行政方面から要請がありましたが
緊急事態宣言が5月末まで延期される事によって
外出自粛も延期になるのかな?
僕の理解不足なのか、情報として入ってこないのか?
緊急事態宣言はコンサートなどのイベントなど三密にならないようにと
自粛要請が出ていた、と言う理解で合っているのかな?
何か、このGW中にバイクに乗った事により
事故を起こして病院に負担を掛けると言いますが
基本的に、二次、三次救急は感染症指定病院とは分けられています。
今のご時世、病院側も整形外科や脳外科医が
内科や呼吸器内科、感染症内科と交わる事がそもそも無い訳で
医師の手が足りていないのはそう言った専門医だけであって
他の医師は、各専門分野で日常の医療で人の命を救っているのです。
コロナの疑いがある方が、そう言った感染症指定病院や
隔離病棟が無い所へ行こうとするから
病院側は来ないでくれと守りに入っているだけです。
まぁ本人が無症状のキャリアなら、バイクに限らず
そこら辺を散歩していても同じリスクだと思います。
まぁ人それぞれの考え方があるので
僕の意見を押し付ける気もありませんし
今の時期、予防だ!自己防衛だ!リスクがあるからと言って
人の考えを押し付けて来る方も多いのが面倒なだけですけどね。
パチンコ店もやり玉に挙げられていますが
結局の所、パチンコ店へ行く客側の危機管理が低い訳で
誰も行かなかったら、パチンコ店も店を開けているだけで赤字だからね。
専門家の中には、普段の生活様式を変えて
屋外へ出た方が良く、ソーシャルディスタンスを守り
マスクをして生活を送れば良いと言う意見もあります。


GTH号エンジン復活への道その3

クランクケース組立の下拵えが終わったので

GTH号クランク測定 (1)今日はクランクのダメージ具合を

チェックして、問題が無ければ

腰下を組立てたいと思っております。

まずはクランクなどの洗浄を済ませて

GTH号クランク測定 (2)曲がったコンロッドを取外します。

代替えのコンロッドは同じウエイト記号と

同じ内径番号を用意しました。

これでクランクにダメージが無ければ

GTH号クランク測定 (3)腰下組立に取掛れるので

早速計測準備にとり化掛かります。

スタートポイントに印を付けて

ゆっくりと一周クランクを回転させます。

GTH号クランク測定 (4)まぁクランクメタルにダメージがので

多分大丈夫だと思いますが念の為の測定です。

ダイアルゲージを0に合わせて

ゆっくりと一回転させて行き

GTH号クランク測定 (5)一番振れる所を探してみると

最大で1/100mmなので、このクランクは

問題無く使える物だと言う確証得ました。

コンロッドメタルは新品に交換します。

GTH号クランク測定 (6)コンロッドボルト、ナットを新品にして

代替えのコンロッドを接続しました。

これで腰下組立の下拵えが完了したので

ポイポっと具を入れて

GTH号腰下組立 (1)はい!何時もの記念撮影!

ピストンなど腰上の内燃機加工が

終わっていれば、今日中にエンジンが

組み上がってしまう勢いなのですが…。

GTH号腰下組立 (2)まぁGW中と言う期間中なので

その間に、ここまで出来上がっただけでも

良し、としましょう。

これで腰下の組立が完了しました。

GTH号腰下組立 (3)次に、シフト関係の具を取付けて

シフトの作動確認も問題なく完了。

念の為ハイパワー強化オイルポンプも

分解して中に異物が無いかを

GTH号オイルポンプOH (1)チェックしてから取付ます。

で、チェックの結果異物の混入は無く

健全な状態だったので

Oリングだけ新品に交換して組立。

GTH号オイルポンプOH (2)で、取合えずこれ以上やる事が無いので

オイルポンプの取付まで終わらせました。

これで後はヨシムラから部品が届いてから

内燃機加工に出して、仕上がって来れば

腰上の組立に取掛り、エンジン搭載と言う流れになります。


peke_cb400f at 15:00│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔