2020年05月02日

我慢週間四日目3

昨日は弟と二人で体幹を鍛えるトレーニングをしたので
今朝は筋肉痛と特に何故か左腕の筋肉痛が酷かった。
トレーニングをしたので
多少は体重に変化があるかと期待したけど
結果、動いた分食べたので
また数グラム戻り三桁になったので
一体何のためのトレーニングだったのか
分からない結果になった…。


GTH号エンジン復活への道その1

今日は本格的にGTH号エンジン復活へ向けての

GTH号シリンダースリーブ交換 (2)作業に取掛りました。

まずは破損したスリーブを交換。

これで後はGW明けに新しいピストンを

ヨシムラに発注して、内燃機加工送りになります。

GTH号シリンダースリーブ交換 (3)スリーブを交換したので、内燃機加工は

平面研磨とボーリングになります。

で、ついでに汚れたシリンダーを

ブラストで綺麗に処理しておきました。

GTH号シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (1)次に代替えのシリンダーヘッドの下拵え。

CPでは新たにデフォルトで交換になった

バルブガイドのOリング交換です。

バルブガイドを抜いてOリングを

GTH号シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (2)交換しないといけないので

ついでにバルブガイドを交換すると

部品代とリーマ加工代が必要になります。

大体EX側のOリングは45年近い物なので

GTH号シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (3)朽ちている物が多いですね。

EX専用純正SSTのリーマを通して

バルブガイドの掃除と摩耗チェックをします。

まぁ先に摩耗チェックはしてあります。

GTH号シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (4)IN側も同じく専用純正SSTのリーマを通して

ガイドの掃除と摩耗チェック!

どちらも問題なく使えるので

ガイドの交換はしません。

GTH号シリンダーヘッド歪測定 (1)で、次にシリンダーヘッドの歪測定。

CP宝物庫から出した状態の良いヘッドなので

歪は規定値内だったので

平面研磨は無しです。

GTH号シリンダー&ヘッド下拵え完了 (1)シリンダーヘッドにバルブを入れて

これでヘッドの下拵えも完了。

後はクランクケースの洗浄と

部品交換を済まして

GTH号シリンダー&ヘッド下拵え完了 (2)腰下ぐらいはこのGW中に

ボチボチと仕上げれると思います。

明日はロアケースの手入れから

やろうかなぁ。


peke_cb400f at 17:30│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔