2020年03月20日

見せるカスタム

やはり関西大手の某テーマパークは
予想通り休園を29日まで延期しましたねぇ。
3月31日は開園記念日と言う事もあり
何とか休園は29日までで終わらせたい所かも知れませんが
果たしてどうなるのかは微妙な所だと思います。
因みに枚方パークも休園しているようで
今月一杯は休園を延期するらしい。
何処も感染源にはなりたくないだろうからねぇ。
今日から始まるこの三連休も皆大人しくしているんだろうねぇ…。
しらんけど。
厚労省も、大阪府も兵庫県もこの三連休は
大人しくして居ろって言ってるからね。


スプロケットカバーカット

カスタム感を出す為や、普段見えない所を見える様にとか

L側スプロケットカバー加工 (1)軽量化などの意味もあって

スプロケットカバーをカットして

見せるカスタムをするので

そのベースになるCB350Fのスプロケットカバーを

L側スプロケットカバー加工 (2)カットして加工する準備をしています。

完成イメージはこんな感じになります。

普段見えない所が見えるので

オイルポンプのカスタム感も分かります。

L側スプロケットカバー加工 (3)で、少し失敗しましたが

何とかカットが完了したので

切断面を面取りして仕上げが完了。

元々の地肌が荒れていた事もあり

L側スプロケットカバー加工 (4)全体的に少し削って地肌を慣らして

ウエットブラストで仕上げました。

これでバフ仕上げをすれば

それなりにカスタム感溢れる

スプロケットカバーになりました。


本日のご来店

三連休初日、天気も良く絶好のバイク日和の今日は

本日のご来店200320 (1)コロナの影響など関係なく

沢山の方がご来店されました。

インパルスにお乗りの方。

CB400Fourの購入をご検討されており

ご相談にご来店頂きました。

本日のご来店200320 (2)続いてのご来店はご近所の高槻ウルフ号。

少々エンジン始動時にもたついたりして

アイドリングもカブっている様になる

との事で、点火時期をチェックすると

ウルフ号点火時期調整 (1)かなりズレていたので、接点を磨いて

クリアランス調整をして点火時期を調整。

エンジンは快適に動き出し

アイドリングも安定してくれました。

ウルフ号点火時期調整 (3)機械式なので、ちょっとぐずり出したら

まずは接点のクリアランスをチェックし

点火時期を調整すれば、また元の様に

機嫌良く動いてくれます。

これでお仕事がお休みの今日、後半戦は相棒と一緒に楽しんで来てください。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | カスタム

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔