2020年03月07日

ドキュメンタリスト、演出家3

僕の一番下の弟の嫁の弟になる人物が先日TV出演されたらしく
嫁からラインで連絡が入った。
身内全員がその本人が何をやっているのか
よく理解していないのが本音なのですが
色々と調べると、何でも世界的に有名な人物になっているらしい。
ドキュメンタリスト 高島 太士 日テレNEWS24
まぁ結局の所余り分からないです。
身内なので、応援をよろしくお願い致します。
ドキュメンタリスト:演出家:高島 太士
時が時ならば、徳川400年の歴史を繋ぐ
枚方宿、鍵屋の令和の当主となる人物だが
今は枚方市に敷地建物を寄贈し、枚方市の指定文化財になってます。
実質の財産管理は長女(義妹)が管理しており
流石に僕にもお宝は見せてくれないし
世の中に出せない物も、実際あるらしい。


1号機ヘッドライトLED化

火災炎上後の復活で点火系をウオタニにしたのですが

1号機ヘッドライトLED化 (1)ウオタニのユニットが電気を結構食うので

ヘッドライトをLED化する事にしました。

このH4ハロゲン球では夜充電しないので

電圧確保の為にH4バルブをLEDに変更します。

1号機ヘッドライトLED化 (2)で、サクッとLED球に交換してみました。

まずはロービーム、電圧降下も

かなり抑えられましたが

これで夜走れるかは、今晩テストします。

1号機ヘッドライトLED化 (3)で、ハイビームに切り替えてみました。

まぁ目が眩むほど眩しいっちゃ

眩しいですが、光の届く範囲が分からないので

全ては今日の帰りにチェックします。


リアハブリペア続き

先日途中まで作業を進めていたリアハブリペアの続きです。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (1)まずはウエットブラストから再開。

リアハブは割と時間が掛かりましたが

ベースの状態が良かったので

1時間ほどでブラストが完了しました。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (2)ついでにブレーキドラムパネルも

ブラストで仕上げてしまいます。

ちょっと腐食がある物ですが

腐食度合いはブラストしてみないと分からない。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (3)で、ブラストを終えて地肌を見ると

割と残念な地肌でした…。

まぁ良いかぁ、まだ別に状態が良い物もあるし

と思いながら、リアハブとパネルをバフ掛け。

リアハブリメイクバフ仕上げ (1)途中で飽きてきたので、仕上がりはまぁ…。

パネルの地肌はやはりバフを当てても

どうにもならなかったなぁ…。

取合えずリアハブのバフ掛けも程々に

リアハブリメイクバフ仕上げ (2)ベアリングリテーナーをリタップ掃除。

ベアリングを圧入して

ベアリングリテーナーを締め込んで

あれ?スプロケハブダンパーが無いぞ!?

リアハブリメイクバフ仕上げ (3)と、なって探しまくり、諦め掛けていたら

全然違う所からスプロケハブダンパーを

発見した!そう言えば、無くすと行けないと思い

わざわざ別の所に保管してあったわ…。

リアハブリメイクバフ仕上げ (4)で、最近よく登場するCPオリジナルSSTで

スプロケハブパーダンパーを

油圧プレスで圧入して

リアハブのリペアが完了しました。

リアハブリメイクバフ仕上げ (5)一応バフ仕上げ仕様の前後ハブと

ブレーキドラムパネル一式が

これで完成したので

当分はリペアをしなくても良いかな?


peke_cb400f at 18:00│Comments(4) 部品 | カスタム

この記事へのコメント

1. Posted by 蝦ちゃん   2020年03月08日 08:02
リンク先の鍵屋の書体を見てピンと来たので照らしてみたら・・・・

江戸時代から続く名酒場鍵屋@根岸の入り口看板と瓜二つでありました

関係あるんだろうか・・・・
2. Posted by 蝦ちゃん   2020年03月08日 08:04
これこれ ↓

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13003743/dtlphotolst/4/smp2/
3. Posted by PeKe   2020年03月08日 15:21
>>1

> リンク先の鍵屋の書体を見てピンと来たので照らしてみたら・・・・
>
> 江戸時代から続く名酒場鍵屋@根岸の入り口看板と瓜二つでありました
>
> 関係あるんだろうか・・・・

関東の花火の掛け声に「玉屋」「鍵屋」などがありますが
文献を調べると
奈良県で生まれた三男坊の鍵屋弥兵衛が
1659年に江戸で花火師になり
その血筋に当たる鍵屋太兵衛が1773年天保年間に
東海道の京都伏見−大坂間に三十石船の船宿「鍵屋」を創業。
なので何かの繋がりがあっても不思議ではないですよね。
また時を「空海」の時期までさかのぼると
鍵屋弥兵衛の血筋には平安時代の惟喬親王と言う説もあり
それゆえ鍵屋弥兵衛は稲荷神を信仰していたらしい?
惟喬親王…母親が紀静子…稲荷神は紀氏の神?
信じるか信じないかはあなた次第です。
4. Posted by PeKe   2020年03月08日 15:21
>>2

> これこれ ↓
>
> https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13003743/dtlphotolst/4/smp2/

ほんとだ
クリソツだがねw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔