2019年12月26日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月27日(金曜日)は毎週恒例火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


枚方K号カスタムへの道その1

色々と悩み多き枚方K号ですが、取合えず自分のスタイルにする為

枚方K号純正マフラー取外し (1)カスタム道を進む事になりました。

まず純正マフラーから集合管に変更する為

マフラーを取外し交換します。

純正マフラーには少し転倒痕がありますが

枚方K号純正マフラー取外し (2)エキパイに傷は無いのでまだ良い方です。

マフラーステーは手作り品の力作です。

ステップのラバーストッパーのボルトが

1本不在です、折れてなければ良いのですが・・・。

枚方K号オイル漏れ (1)エンジンを掛けてから

暫く放置してあったのですが

オイルが2.3滴落ちていたので

何処かのシールから漏れているのでしょう。

枚方K号オイル漏れ (2)オイルパンは結構オイリーなので

運が良ければ、シフトシャフトのオイルシール

運が悪ければ、ミッション系からの

オイル漏れの可能性があります。

枚方K号オイル漏れ (3)オイルパスキャップBからも

オイル漏れがあります。

ここはOリングを交換すれば

止まると思いますが、運が悪ければ・・・。

枚方K号ダメ出し (1)マフラーを外したついでにダメ出しを・・・

リアエンジンハンガーボルト

入れ方が逆ですが、機能的に問題が無いので

何かのついでがあれば正規に戻します。

枚方K号ダメ出し (2)リアブレーキペダルのピポットシャフト

ここはよくあるのですが

リターンスプリングを挟んでいるので

凹んでいる状態、ここは修正しておきます。

枚方K号ダメ出し (3)で、これが修正後です。

ピポットシャフトがちゃんと出てます。

ブレーキの事ですからちゃんとしておかないと

何が起こるかわかりませんから。

枚方K号ダメ出し (4)クラッチカバーと共締めのコードクランパーB

本来の取付け位置は一段下の場所。

この場所だからと言って特に支障は無いので

何かのついでがあれば修正しておきます。

枚方K号ダメ出し (5)リアフェンダーが曲がっているのですが

テールライトユニットと比べると

少しくの字になっているので

転倒して居る事もあるので、運が悪ければ

フレームのクレードル部分が曲がっている可能性があります。
     (シートレール部分)
枚方K号アゲインマフラー取付け (1)手作り力作のマフラーステーに

メインスタンドストッパーを取付けました。

拘りが無ければ、このステーでも良いかな。

純正タイプのリプロ品もあります。

枚方K号アゲインマフラー取付け (2)新品の純正EXガスケットをセットして

いよいよアゲインマフラーを

取付ける準備が整いました。

マフラーはオーナー持込なのですが

枚方K号アゲインマフラー取付け (3)梱包を開けると残念な事に

何かの衝撃を受けて塗装が剥がれて

少し変形していました・・・。

CPはアゲイン正規部品取扱い代理店ですが

枚方K号アゲインマフラー取付け (4)正規ルート以外から購入した物に関しては

クレーム処理が出来ませんので

止む無くこのまま取付けました。

取合えずマフラーの交換は完了です。

枚方K号アゲインマフラー取付け (5)衝撃を受けた部分はこんな感じで

変形してしまってます。

荷姿から考えると、恐らく手荒な配送若しくは

箱ごと落下してしまった可能性があります。

枚方K号アゲインマフラー取付け (6)取合えず耐熱塗装が剥がれた部分は

アゲインが使っている耐熱塗料と

同じ塗料を吹き付けて

錆びないようにしておきます。

今後部品購入前には一度ご相談頂いた方が良いかな。

枚方K号メーター回り (1)次にメーター回りの部品交換などに取掛かります。

逆車の398タイプヨーロッパフレームで

398登録をしてあるのですが

ラッキーな事にスピードメーターが国内物だった。

枚方K号メーター回り (2)そこで速度警告灯を付けたいとの事で

速度警告灯ランプを取付けました。

スピードワーニングユニットは無いので

後で取付けをします。

枚方K号メーター回り (3)トップブリッジのホーククランプボルト

入れ方が逆になってますが

ここはヘッドライトステーを取外さないと

入れ替えが出来ないので・・・。

枚方K号メーター回り (4)ヘッドライトを取外して速度警告灯の

配線を入れたついでにメーターの

バックライトなどの配線を取外し

メーターセットリングを取外す準備。

枚方K号メーター回り (5)転倒した時に付いたと思われる傷が

スピードメーターの化粧の

セットリングに入っているので

交換をする為です。

枚方K号メーター回り (6)メーターを取外すと

クッションラバーが朽ちて溶けてます。

この車両の全てのゴム類は恐らく

45年物だと思います。

枚方K号メーター回り (7)当然タコメーター側のクッションラバーも

同じように朽ちて溶けています。

メーターが壊れるので無条件に

強制交換となります。

枚方K号メーター回り (8)幸いな事にまだ完全に朽ちていた訳ではなく

綺麗に取り除く事が出来ました。

最悪な場合は溶けてしまい

セットリングにへばり付いて取れない事もある。

枚方K号メーター回り (9)スピードワーニングユニットを

取付けるステーが不在なので

純正の再メッキ品を取付ける事にします。

これでハーネスバンドも取付ける事が出来ます。

枚方K号メーター回り (10)で、サクサクッと取付けが完了し

スピードワーニングユニットと

Oリングからハーネスバンドに昇格。

全体的に社外のボルト、ナットが多く

ボルトの向き、入れ方がオリジナルではなく、統一性が無いと思うのは

変態的思考のマニアだから気になるんだろうなぁ・・・。

peke_cb400f at 17:00│Comments(0) カスタム | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔