2019年11月03日

塗装教育指南3

結局昨日は眠いのに寝れず24時まで起きていたので
40時間起きて居た事になり、今朝起きるまで
泥のように眠っていました。
そう言えば先日銀ちゃんが11月からカンボジアか何処かに
出張へ行くと言ってましたが、もう行ったのかなぁ?
何でも現地でペンキを塗れる職人が居ないので
現地の人を教育出来る人材が欲しいとメーカーから依頼され
2週間程教育に行ったらしいけど
本当に2週間で帰れるのかなぁ・・・。


tanji号シリンダーヘッド増し締め

少しスタッドボルト周辺からオイル滲みがあるので

tanji号シリンダーヘッド増し締め (1)今日はヘッドカバーを外して

オイル滲み箇所の手直しと

増し締めの実施と車検整備も

やってしまいます。

tanji号シリンダーヘッド増し締め (2)まずはヘッドカバーをめくって

めくったついでにカムチェーンの伸び

他諸々のチェックを済ませて

増し締めを実施。

tanji号シリンダーヘッド増し締め (3)両サイドの4本以外とプラグホール部分の

オイルに晒される8箇所が

全体的に90度締まりました。

スペシャルナット下のシールワッシャーは交換。

tanji号シリンダーヘッド増し締め (4)これでオイル滲みが

止まってくれれば良いのですが。

取合えず外側のオイル滲み跡を

綺麗に洗浄したので、様子を見て下さい。

tanji号継続車検整備ヘッドライト交換 (1)このまま次に車検整備もやってしまいます。

ヘッドライトにバッ直配線をして

このちょうちんヘッドライトを

光量UPの為にシビエに交換してしまいます。

tanji号継続車検整備ヘッドライト交換 (2)サクッと配線を終わらせて

ヘッドライトもH4シビエに交換。

これで後は光軸を合わせて

光量、光軸の検査項目はクリアー出来ます。

tanji号ポイント調整 (1)次にポイントのチェック。

接点の隙間を測定すると

かなり狭くなっているので調整をします。

一応接点を磨いてクリアランス調整。

tanji号ポイント調整 (2)エンジンオイルを入れて

エンジンを始動させ

点火時期をチェックします。

接点がかなり磨耗しているので

tanji号バッテリーサルフェーション充電次はもう調整が出来ないかも知れないので

接点交換になると思います。

バッテリーも少々お疲れ気味だったので

取合えずサルフェーション充電をして

電圧を上げてみる事にします。


CPHP

初夏の頃に鉢植えしたパイナップルの根っこが増えてきたので

パイナップル鉢入替え植木鉢を大きい物に交換しました。

このままスクスクと育ってくれれば

3年後にはCP産鉢植えパイナップル

CPHPが収穫出来るのが楽しみです。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) メンテナンス | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔