2019年10月17日

フロントタイヤにタッピングビス3

今朝、Z1000Mk兇離┘鵐献鵑
全然掛けていなかったのでMk兇能亢个靴茲Δ
エンジンを掛けたのですが
前後ともタイヤの空気圧が低く
エンジンがやっと掛かったと思ったら
キャブから激しいオーバーフロー・・・。
嫁があの時の事を思い出したのか「また燃えるからやめて!」
と激しく激怒したので、仕方なくフォアで出勤。
思えばオイルポンプのテストで半年ぐらいは乗って無いかも・・・。
近日メンテナンス予定にしておきます。


1号機メンテナンス

本当はZ1000Mk兇離瓮鵐謄淵鵐垢鬚靴茲Δ隼廚辰討い燭鵑世韻

又今度時間がある時にする事にして

1号機に乗って出勤したのですが、通院先の病院の駐輪場に止めた時

フロントタイヤに違和感があったので見てみると

1号機フロントタイヤにビス (1)何とまぁ・・・ビスが刺さっているじゃないか!

今朝は朝から余り良い事が無い日だな。

取合えず診察を終えてから店に出勤。

パンク修理をしようと思って準備。

1号機フロントタイヤにビス (2)刺さったビスを抜いてみたけど

ラッキーな事に貫通はしていなかった。

フロントタイヤにこう言った物が刺さるのは

空気圧が低いからなんですが

ピレリーディアブロはタイヤの温度が低いとグリップ力が下がるので

街乗り1号機も空気圧は前後とも1.6Mpaにしてあったのですが

1号機合同ツーリング準備完了 (1)普通の空気圧に戻す事にしました。

念の為タイヤ交換も考えましたが

土曜日の天候がかなり厳しいので

取合えず1号機の出撃準備だけ整えました。

日曜日が晴れなので、土曜日の午前中さえ乗り切れればなぁ・・・。


京都K様398ロアケース修理ブラスト仕上げ

ダメージがあったロアケースの修正が終わり戻ってきたので

京都K様398ロアケース修理ブラスト上げ (1)早速仕上げのブラストを当てて

修正箇所を馴染ませる事にします。

溶接で肉盛りしてノックピンの穴を加工し

タップの修正までは終わってます。

京都K様398ロアケース修理ブラスト上げ (2)で、サクサクッとブラストを当てて

溶接した箇所を馴染ませて

仕上げのブラストを当てました。

これでもうここが割れていたと

京都K様398ロアケース修理ブラスト上げ (3)言われなければ分かりません。

これでリタップ掃除エアーブローをして

京都K様398エンジンの修正と

ブラスト作業が完了しました。

後はACGカバーだけです。


大阪M号バッテリー死亡

とある理由があり不動車コーナーでずっとお預かりしている大阪M号の

大阪M号バッテリー死亡バッテリーメンテナンスをやっていたのですが

サルフェーションは終わったんだけど

充電出来ないので、多分希硫酸が不足して

エラーが出ているんだと思いますが

車両が一番奥に移動させたばかりだったので

僕の身体がバッテリーにアクセス出来なくなってしまった・・・。

まぁ又今度の時にでもチェックしよう・・・。


Z1000Mk競ーバーフロー修理

少し時間があったので、自宅までZ1000Mk兇魄上げに行ってきました。

Z1000Mk競ャブオーバーフロー修理 (1)タイヤの空気圧もかなり低く

オーバーフローも酷いあり様です。

やっぱり旧車は乗ってやらないと

どんどんと不具合が出て来てしまう・・・。

Z1000Mk競ャブオーバーフロー修理 (2)取合えずタンクを取外し

作業用リフトに搭載して

キャブの掃除をする準備までやって

明日にでもオーバーフローを直そうと思います。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) メンテナンス | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔