2019年10月05日

10月の営業日について3

【10月の営業日について】
イベントシーズン到来となった10月は
毎年の事ですが週末土日の営業は
今日、明日と26日以外は全て臨時休業になります。
また定期健診もある為、平日も臨時休業がありますので
ご来店をご予定の方は、お手数ですが前もって
ご連絡を頂けると助かります。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


京都K様398エンジン臓物整備

持込み部品がどの程度あるのかが分からないので

京都K様398臓物整備クランク (1)取合えず出来る所を攻めて行きます。

まずはクランクとコンロッドから

クランクはローターにダメージがあったので

ダイナミックバランス送りは決定です。

京都K様398臓物整備クランク (2)コンロッドをクランクから取外しました。

コンロッドメタルはこのまま使っても

全然問題の無いレベルですが

このまま使うかはオーナーと相談になります。

京都K様398臓物整備クランク (3)クランクを専用で作った通い箱に入れて

内燃機屋さんへ送る準備が整いました。

内燃機屋さんでしっかり修正をしても

運搬中に何があるか分かりませんからね。

京都K様398臓物整備ミッション (1)次にミッションの下拵え準備。

メインシャフトのベアリングは抜きました。

新しいベアリングは持込まれるのか

こちらで準備するのかは不明なのでこれまで。

京都K様398臓物整備ミッション (2)次はカウンターシャフト

1stギアーブッシュは磨耗しているので交換。

ベアリングは取合えず

抜いておくだけになります。

京都K様398臓物整備ミッション (3)カウンターシャフトベアリングを

抜きました、焼けは無かったので

大丈夫だろうと思っていたので

安心して分解出来ました。

京都K様398臓物整備ミッション (4)分解したギアー類は似非WPC仕上げ

1stギアーブッシュも交換完了。

新しいベアリングの圧入は

部品を誰が手配するかが決まってからです。

京都K様398臓物整備ミッション (5)ギアーを取外したカウンターシャフトの

ドライブチェーンを取付ける所の錆び

これをついでに綺麗に錆取り掃除を

このタイミングでやってしまいます。

京都K様398臓物整備ミッション (6)ワイヤーブラシでシコシコと

錆を取って磨耗具合もチェック。

状態は悪くないのでこのままでOKですね。

これでカウンターシャフトの手入れも終わり。

京都K様398臓物整備ミッション (7)一応ベアリング待ちと言う感じで

仮組みだけして保管しておきます。

これでとりあえずミッションの

下拵えは半分完了だな。

京都K様398臓物整備ポジティブストッパーピン磨耗 (1)ポジティブストッパーのピンは

やはり磨耗しているので

ここは打ち変えた方が良いでしょう。

ピンの磨耗が進むと角が折れやすくなるようです。

京都K様398その他臓物整備 (1)その他の臓物もチェックしましたが

特に問題になる物は無く

シフトフォークもドラムも問題ありません。

特に気になるのは2点ですが

京都K様398その他臓物整備 (2)シフトドラムセンターの磨耗は

割と少ない方かなぁ。

まぁこのまま使っても問題は無いかな。

ニュートラルストッパーは

京都K様398その他臓物整備 (3)まぁまぁ磨耗しているので

良い物があればそれに越した事はなく

これは要相談と言う事で。

一番気になる部品と言えばやはり

京都K様398その他臓物整備 (4)カムチェーンテンショナーアーム。

かなり磨耗しており完全固着してます。

これをどうするかは

オーナーと相談になります。

その他、カジッたロッカーアームの処理とカムシャフトをどうするか

臓物関係の部品を何処まで交換すれば良いのかを

打合せしてから進める事になります。


古いタペットキャップの割れ

京都GTH号の時もでしたが、古いタペットキャップに

タペットキャップの割れ新しくOリングを入れた時。

エンジンの熱でタペットキャップが

割れる事象が最近目立ちます。

タペットキャップが割れると

ここからオイルが滲み出します。

そのオイルがシリンダーヘッドの隙間に溜まり

ヘッドからのオイル漏れと見間違う可能性もある事から

今後、古いタペットキャップは新品に交換する事を

オーナーに推奨する事にします。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔