2019年09月10日

明日は我身3

台風15号の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
昨晩、こんな大変な時に千葉の友人から連絡が入り停電中との事ですが
取合えずは無事だと報告を頂き、なによりです。
水害など他にもあるそうですが
小さな子供もいらっしゃるので心配です。
もう後はライフラインの復旧を
待つしか手立てがありません。
近年の異常気象はまだこの先も続くだろうし
発電機は常に品薄状態がまだ続いてます。
中古品も足元を見るような価格になってますから
その日の為に備えを怠らない方がいいですね。


京都GTH号火入れ

予定通り本日、京都GTH号の火入れ作業に取掛かります。

まずは何時もの実圧縮圧力の測定から

京都GTH号実圧縮圧力測定 (1)京都GTH号実圧縮圧力測定 (2)






京都GTH号実圧縮圧力測定 (3)京都GTH号実圧縮圧力測定 (4)







#1〜#4まで1.2Mpaと綺麗に揃ってます。

京都GTH号火入れ同調調整準備完了これで今日からハイオク仕様になります。

念の為キャブレターの同調をチェック。

狂っていれば当然調整をします。

ちょっとバッテリーが弱いので充電中。

京都GTH号火入れ同調調整 (1)で、エンジンを始動!

セル2発で新生GTH号が蘇りました。

バキューム圧が低く少し同調も

狂っていたので調整をする事に。

京都GTH号火入れ同調調整 (2)サクサクッとバッチリ調整が完了。

後で試運転をしてみます。

これで作業用リフトから車体を下ろします。

ヨシムラのテンプメーターを交換したので

京都GTH号油温センサー交換 (1)互換性が無いセンサーも交換します。

センサー自体は問題ないのですが

本体が故障してしまったので

やむなく交換と言う事です。

京都GTH号油温センサー交換 (2)これでテンプメーター一式

新品に交換が完了しました。

ノーマルキャブでもそこそこパワーは上がるので

新生GTH号を楽しんで下さい。



まだ少し重い感じです。

京都GTH号試運転取合えず試運転に行ってみたら

ヘッド付近から何かが割れる音が聞こえたので

エンジンを止めて見てみたら

タペットキャップが浮いていたので

京都GTH号タペットキャップ交換 (1)あぁ熱でタペットキャップが

割れた音だったんだと一安心。

もうこれで3個目になるので

全部交換する事にしましたが

京都GTH号タペットキャップ交換 (2)キジマのタペットキャップしか

在庫がもう無かったので

この際なのでキジマのタペットキャップに

交換する事にしました。

京都GTH号タペットキャップ交換 (3)まぁ発熱量も増えているので

少しでも面積が広い方が

良いと思います。

これで京都GTH号も完成しました。


大阪T号特注リアサス入荷

発注ミスから予定より1週間遅れてしまったのですが

大阪T号リアサス入荷 (1)本日YSSの特注リアサスが入荷。

今度はちゃんと寸法を確認しました。

ノーマル315mmに対して

YSS特注リアサスは360mmです。

大阪T号リアサス入荷 (2)今取付いている物が365〜370mmぐらいで

硬過ぎて動かないのと長いので交換です。

センスタが使えないのでまずは

メンテナンススタンドでリアタイヤを取外します。

大阪T号リアサス交換 (1)リアタイヤを取外してから

メンテナンススタンドを取外し

センタースタンドで立たせてから

リアサスを取外すと言う工程です。

大阪T号リアサス交換 (2)取外したリアサスと新しく取付ける

YSSを並べて比較してみました。

ちょっと短くなったのは間違いありませんが

センタースタンドは使えないと思います。

大阪T号リアサス交換 (3)で、リアサス交換完了です。

これでまたメンテナンススタンドを掛けて

タイヤホイールをセットします。

タイヤホイールが18インチなので

大阪T号リアサス交換 (4)前後のバランスからどうしても

車高は高いですねぇ。

メインスタンドはやはり使えません。

跨ってみましたが、足付きは少し良くなりました。

大阪T号リアサス交換 (5)リアサスの減衰はハーフぐらいにセット

フロントにイニシャルを掛けるか

リアのイニシャルを抜くかを

最終的に調整しないと、フロントフォークが

リアサスに負けている状態になってます。


1号機油圧クラッチレリーズシャフトまた断裂

まぁレリーズアームシャフトの角度的に無理があったと思いますが

1号機油圧クラッチレリーズシャフト断裂 (1)今朝通勤時に油圧クラッチのシャフトが

又断裂してしまった…。

で、何とか店には辿り着いたのですが

予備に整備した油圧クラッチレリーズと

1号機油圧クラッチレリーズシャフト断裂 (2)交換作業をサクサクッとしました。

今度はレリーズの角度を浅くして

ストロークを短く加工したシャフトに

交換してみました。

これで耐久性が上がってくれれば良いのですが…。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | カスタム

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔