2019年09月03日

スタック速度センサーの迷宮3

先週末、息子夫婦はグァムへ
遅めの新婚旅行へ行きました。
天気にも恵まれているらしく
休暇を満喫している様子をSNSで送ってくれます。
帰国する時の台風が心配です。


スタック速度センサー

1号機に取付けた電機式スピードメーター用速度センサーが在庫切れなので

1号機マグネット式速度センサーテスト (2)代用品を色々と試しているのですが

マグネット式センサーを3種類使い

パルスの取り方を変えたりして

色々と試したのですが全然ダメだったので

デイトナの近接センサーとオムロンの近接センサーを発注しました。

スタック電気式スピードメーター説明書で、もう一度説明書を見直して

配線をとセンサーの理解を

深めてみたけど、最初に理解した通り

2芯線のセンサーを接続するだけで

コンピューターなど経由しなくても使える。

これでダメならスタックの近接センサーST668を探さないとダメだな…。


大阪T号カスタム作業三日目

今日オーナーが替わりのセパハンをご持参して頂いたので

大阪T号ハンドル再変更作業 (1)早速、再仕様変更をしてしまいます。

今度はCBX用だったかな?のセパハン

以前ブラスト処理をしたのですが

錆びて来ているので、再ブラスト処理をして

大阪T号ハンドル再変更作業 (2)今度は塗装をする事にしました。

塗装は速乾の黒染め塗装をチョイス。

まぁ錆び止め代わりですが

見た目も良くなると思います。

大阪T号ハンドル再変更作業 (3)ハンドルの塗装が完成するまでの間に

前回取付けたセパハンを取外しました。

今度はイメージ通りになると思います。

ワンオフのカスタムは

トライ&エラーの繰り返しから、思い描いたイメージに仕上がるのですが

大阪T号ハンドル再変更作業 (4)それだけの手間隙が掛かってしまいます。

SS材で出来たハンドルバーだけを

錆び止め代わりに塗ったのですが

アルミクランプ部分も塗れば良かったかなぁ…。

大阪T号ハンドル再変更作業 (5)取合えず塗装を焼いて強度を上げて

取付け作業に取掛かり、取付けが完了。

スタイルもポジションも

僕はこっちの方が良いと思います。


大阪K号タイヤ下拵え

少しの部品が無いので、中々先へ進めない大阪K号ですが

大阪K号前後タイヤ交換 (1)タイヤとドライブチェーンが

入荷してきたので、早速タイヤ交換に

取掛かろうと思います。

ドライブチェーンはエンジン搭載後です。

大阪K号前後タイヤ交換 (2)カチカチに硬化したタイヤを取外します。

メーターギアーボックッスの

リテーナーカバーが付いてませんね。

ホコリが入りやすいのであった方が良いです。

大阪K号前後タイヤ交換 (3)で、前後タイヤの交換が完了しました。

本当ならこれでローリングからの

エンジンどーん!なのですが

それはまた部品が入荷してからになります。

今日の大阪K号の作業はこれにて終了。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 電装品 | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔