2019年08月30日

明日は早仕舞い3

【明日の営業時間について】
明日8月31日(土曜日)は所用に付き
14時までの営業ととなり
早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


1号機用スタックスピードメーター

1号機のスピードメーターをどうしようかとずっと考えていて

1号機用スタック電気式スピードメーター (1)スタックの電気式スピードメーター

ST3802を購入してみました。

車用なので防水防塵ではないので

一応防水、防塵処理をしてみました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (2)このST3802は配線やセンサーも

付属していないので

早速配線を作ってみました。

センサーは汎用品ですが多分使えると思います。

1号機用スタック電気式スピードメーター (3)取合えずバッテリーに配線を接続して

作動確認をしてみます。

説明書が英国本土の説明書なので

大体のイメージで配線をしました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (4)で、電源を入れるとオープニングが始動。

無事に作動したので大丈夫です。

設定は走らないとダメらしいので

取付けてからになります。

1号機用スタック電気式スピードメーター (5)バックライトも点灯確認。

これもOKでした。

ライトONでバックライトが点灯する様に

配線を分けて作りました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (6)センサーの作動確認もOKで

取合えず時速260キロまで出して

2キロ走行となりましたが

ちゃんと設定が出来ていないからですw

バイクによく使われているST700だとタコメーターがメインになるので

1号機用スタック電気式スピードメーター (7)今回は試しにST3802にしてみたのですが

取付けに関しては問題は無さそうです。

後は耐久性と防水、防塵が気になりまが

ビキニカウルもあるので

取合えずこれを使ってみます。

近日中に取付け&設定予定です。


大阪K号フレーム組立て二日目

大体の下拵えが済んでいる大阪K号の

大阪K号フレーム組立て (1)本格的なフレーム組立て作業に

今日から取掛かります。

以前から欠品だった部品の在庫が

何処かにあったはずだと思い

大阪K号フレーム組立て (2)中々出て来なかったのですが

まさかそんな所に片付けてあったのか!

と言うような場所から出てきたので

今日から組立て作業の再開です。

大阪K号フレーム組立て (3)これも1号機のスピードメーターの

配線を探さなければ見つからなかったw

これでメインスタンドとサイドスタンドを

取付けれるようになりました。

大阪K号フレーム組立て (4)次にステムベアリングをセットして

ステムを取付けます。

締め付けはバネ計りで測定して

基準値で締め付けます。

大阪K号フレーム組立て (5)トップブリッジをセットして

フロントフォークを組込みます。

ステム部分のフォークを締め付ける

ボルトが入って無かったので、又後日です。

大阪K号フレーム組立て (7)フロントフェンダーを取付けるのですが

ボルト関係は探し出したけど

ブレスのセッティングピースが

見つからないのでフロントはここまで。

大阪K号フレーム組立て (8)スイングアームのピポットボルトを

再メッキ品と交換して取付けて

リアサスもセットが完了です。

後でタンデムバーを入れるのでここまで。

大阪K号フレーム組立て (10)エアークリーナーボックスの

ダクトを取付けるインレットバンドが

探しても見つからないので

これもここまでで終了。

大阪K号フレーム組立て (11)仕方が無いのでリアフェンダーと

ウインカーとタンデムバーを取付け。

テールライトの配線を少し手直し

ロングタイプのリアフェンダーでした。

テールライトブラケットのゴムが潰れているけどカラー入っているのかなぁ?

大阪K号フレーム組立て (12)チェーンカバーも取付け。

プラグゴムが無かったので

ここは在庫から出して取付けます。

ドライブチェーンは交換した方が良さそうなので

大阪K号フレーム組立て (13)取付けはしませんでした。

後はタイヤなどを発注して交換して

ローリング出来るようにして

不足部品をチェックしてからエンジン搭載だな。

組立てよりも部品を探す方が時間が掛かったかも…。

大阪K号フレーム組立て (14)で、不足部品のチェックをしていると

フレーム関係の未メッキ部品が入っている

袋の中にインレットバンドを発見!

再メッキ品と交換してダクトを取付け。

大阪K号フレーム組立て (15)こんな感じなので、オーナーが分解した

車両の持込みは、探す手間が余計に掛かるので

無いなら初めから無い方が良い。

車両の分解は半日も掛からないので

僕自身でやった方が、部品管理も自分流で出来るので分かりやすいんです。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 電装品 | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔