2019年07月30日

8時間耐久と言うスプリントレース4

日曜日は11:30から仕事もせず
鈴鹿サーキットで開催された第42回鈴鹿8耐をTV観戦。
序盤はヨシムラ優勢と思われた物のSCが入り
ヨシムラはそのまま後退し
ワークス各社がしのぎを削る対戦となって面白かったけど
最終ラップ、8時間を迎えると言う所で
スズキがストレートエンドでエンジンブローと言う
アクシデントから一旦コースアウトしたにも関わらず
再びオイルを撒き散らしながらのコースイン…
トップを走るカワサキが最終ラップでオイルに乗り転倒し
暫定でヤマハが優勝となったけど、カワサキの抗議が認められ
カワサキが優勝となって、何だかなぁと言う終わり方だった。
まぁ、これも、あれも、それも全てがレースなのですが
オイルを撒き散らしながら走ったスズキも悪いけど
オフィシャルの判断が遅過ぎたと言うのがもっと悪い

フィニッシュラインを目指したい気持ちは分かるけどね…
カワサキがS字で転倒した時は思わず叫んだわ。
スズキもあれだけの事をしてしまったんだから
何らかのペナルティはあるだろうなぁ…と思っていたら
今日の16時17分に鈴鹿から正式結果発表が出ていました。
”コカコーラ”鈴鹿8耐 レース結果に関するご案内
何でスズキにはペナルティが無いのか!?
優勝したカワサキチームのコメント


右足半年定期点検

受傷から今年で13年目となり、半年毎の定期検査に行ってきました。

190729の右足 (1)特に可も無く不可も無く

変化も差ほど見られない状態です。

一応飛行機に乗るかも知れないと思い

日本語と公用語の英語で診断書を

190729の右足 (2)書いて貰いましたが

今の所海外出張は無いかも知れない。

ロッキングプレートを外したいけど

まだ、また折れるリスクがあるので

このチタンプレートは、焼場まで持ってゆく事になりそう。


1号機完全復活

昨日銀ちゃんが仕事が忙しい合間の中で睡眠時間を削ってまで

1号機タンクカスタムペイント仕上がり (1)仕上げてくれたタンクが出来上がり

持って来てくれました。

シャネルブラックのキャンディ塗装に

ラメじゃない何とかフレークをふり掛けて

1号機タンクカスタムペイント仕上がり (2)ゆず肌にならない様に塗装しては

バフ掛けを何度も繰り返して

仕上げてくれました。

両サイドのCPロゴもステッカーじゃなく

1号機タンクカスタムペイント仕上がり (3)キャンディ塗装で仕上げてます。

慎重にワンタッチのキャップチェックを

取付けて、タンクキャップも

純正新品を取付けました。

1号機タンクカスタムペイント仕上がり (4)CP廃盤だったツインノズルタンクコックも

部品をかき集めて再製作しました。

その気になれば後4個は製作可能ですが

今後の事もあるので余程ガソリンの供給が

間に合わないぐらいカスタムされている

エンジンにしか販売する予定はありません。

1号機火災からの完全復活 (1)で、仮のタンクを取外して

何時もの所で記念撮影。

嫁は「スケベ椅子みたい」って言うけど

僕は銀ちゃんの苦労を考えると

この感じのカスタムペイントも、全が取付いてみたら意外と良く見えてきたし

結構気に入っているので、銀ちゃん、本当にありがとう。


明石T号エンジン臓物下拵え二日目

まだ色々と仕上がって来ないのと、先に内燃機加工に出した物が

仮に仕上がっても、後から送った物が仕上がらなければ

明石T号オイルポンプOH (1)先へは進まないので、入荷した純正部品を

組める物から仕上げて行きます。

まずはオイルポンプのO/Hからです。

オイルポンプを分解して洗浄。

明石T号オイルポンプOH (2)オーナー持込のOリングもあったのですが

ローターケース内のOリングは無かったので

CPの在庫から出す事にして組立て。

少し傷はありますが使えない事は無いでしょう。

明石T号オイルポンプOH (3)これでオイルポンプのO/Hが完了です。

実は正式発表は後日になりますが

CP製新型強化オイルポンプは部品廃盤の為

通常商品から無くなり在庫限りとなる予定。

明石T号中古良品純正カムシャフト (1)次にカムシャフトの中古良品です。

もうカムの状態が良い物も無くなって

恐らく探した中ではこれ以上の中古品の

上物は出て来ないと思います。

明石T号コンロッドベアリング交換 (1)次にコンロッドベアリングの交換。

クランクがダメだった事から交換となり

コンロッドはそのまま使えるのですが

コンロッドベアリングは交換となります。

明石T号コンロッドベアリング交換 (2)サクサクッと交換が完了しました。

状態の良いクランクだったのと

コンロッド番号が揃っていたので

全て緑色のコンロッドベアリングになりました。

明石T号コンロッドベアリング交換 (3)まぁ取外したコンロッドベアリングを見ると

少々荒れていた事もありますし

どの道交換しないとダメだったので

これは仕方がありませんね。

明石T号プライマリーギアーチェック (1)次にプライマリーギアーのチェック。

ダンパーラバーはどうやら

前回のO/Hの時に交換されているので

このまま使う事にしますが

明石T号プライマリーギアーチェック (2)ニードルローラーベアリングは

怪しいので、念の為新品に交換します。

その他には問題箇所はないので

このまま洗浄して現状復旧。

明石T号プライマリーギアーチェック (3)取合えず臓物関係の整備はこれで終わり。

後はヘッドカバーの分解など

カバー類の下拵えをする事にします。

明日は定休日なので散発に行って来よう。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔