2019年07月12日

FCR32ガソリン漏れ緊急O/H3

1号機が復旧して任意保険も切り替えたので
昨日から試運転をしている所です。
RSCのフルクロスミッションになり街乗りでは
1.2速か、使っても3速ぐらいしか使わなくなった。
どうかするとずーっとローギアーで走ってるw
発進時は520ccのトルクで発進出来るので
そんなに煽らなくてもスムーズに走り出します。
早く6速まで使ってみたいです。


1号機FCRガソリン漏れ

レーサーで使っていたFCR32からガソリン漏れが…又あの悪夢が…。

1号機用FCR32緊急OH190712 (1)最初はオーバーフローかと思っていたけど

どうやらガソリンパイプから

滲んで出て居る事が分かったので

緊急でFCR32をO/Hする事に!

1号機用FCR32緊急OH190712 (2)新品の部品はストックしてあるので

Oリングを交換するついでにVリングと

Uリングとスロットルバルブローラーも

交換する事にします。

1号機用FCR32緊急OH190712 (3)これがガソリン漏れの原因になるOリング。

バックアップリングもあるのに

結構な漏れ具合なので、もう交換しか無いのですが

全バラしないと交換出来ない代物なのが厄介。

1号機用FCR32緊急OH190712 (4)分解するついでなので暫くノーメンテの

放置状態だった事もあり

ついでに他の部品も交換してしまいます。

取外しから分解、部品交換、車両に取付けまで

1号機用FCR32緊急OH190712 (5)大体1時間ちょっとの作業。

これが交換したゴム部品とローラー

これで暫く機嫌良く走ってくれると思います。

使った部品もまた発注しておかないとね。

1号機用FCR32緊急OH190712 (6)車両に取付けてエンジン始動。

同調も良い感じなので

微調整は又今度気が向いたらする事にします。

どの道、下は余り使わない仕様なので。


大阪K号エンジンブラスト四日目

昨日ロアケースのブラストをしてリタップ掃除まで終わらせました。

大阪K号ロアケース下拵え (1)で、今日はそのロアケースの下拵えから。

痛んでいたオイルパスキャップBは

純正中古良品と交換しました。

オイルパスプラグ側も問題なく使えます。

大阪K号ロアケース下拵え (2)ベアリングやスライダーなども取付けて

取合えずロアケースの下拵えは完了。

後はメタルを再利用するかどうするかを

オーナーと相談してからにします。

大阪K号アッパーケースブラスト (1)次にアッパーケースから具を取出して

残ったガスケットを取除き

ブラストの準備に取掛かります。

その前にこれも塗装の上から

大阪K号アッパーケースブラスト (2)塗装をされているので

リムーバーで塗装を剥離してから

ブラスト処理をします。

で、リムーバーをぶっ掛けて放置。

大阪K号アッパーケースブラスト (3)そして約2時間後…。

アッパーケースのブラストが完了しました。

結構汚れが酷かったのと塗装の残りが

隙間に残って大変でした。

大阪K号アッパーケース下拵え (1)次に何時ものリタップ掃除ですが

その前にスタッドボルトの緩みを

取外してチェックしてみるのですが

何とまぁ全部緩んでいたので

大阪K号アッパーケース下拵え (2)ラッキーと言うか何と言うか

全部楽に取れたので

メッキスタッドボルトに変更して

取付ける事にします。

大阪K号アッパーケース下拵え (3)で、リタップ掃除が終わったので

メッキスタッドボルトをセットしました。

取合えず今日のエンジン下拵えはここまで

明日もう少し下拵えをしてから

クラッチカバーのブラストをする予定です。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) キャブレター | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔