2019年07月08日

CP在庫車両状況3

在庫車両のお問い合わせが多いので現在の一覧を記載します。
CB400F398登録(委託車両) 価格80万〜(要キャブレターO/H)
CB400F408レストアベース車両 価格60万〜
CB400F408レストアベース車両 価格オーダー(国内新規)
CB400 398レストアベース車両 価格オーダー(型式、類別あり)
Z1000Mk脅惰車両(ノンレス、ヨーロッパ仕様オリジナル) 価格ASK
以上5台のの在庫車両が御座います。


1号機火災からの復活への道その29

外装がまだ出来上がってないのですが

1号機仮復旧190708 (1)試運転が出来る様にとフロントフェンダーや

速度センサーを取付けました。

毎日天候の変化が激しいので

全然乗れませんが…。

1号機仮復旧190708 (2)店内でエンジンを始動させて

ブリッピングで熱を入れる程度ですが

電動ファンの効力をチェックしようと

ファンを回してエンジンを温めます。

1号機仮復旧190708 (3)そして約30分後、油温が70度まで上昇。

油温が70まで上昇するのに30分も掛ったのは

ハイパワーフル強化オイルポンプRの

効力なのか?電動ファンの効果なのか?

オイルクーラーのINとOUTで約5度前後の温度差がありました。

1号機仮復旧190708 (4)空冷エンジンなので、普通はINもOUTも

同じになるので、電動ファンの効果でしょう。

これでこの夏、オーバーヒートせずに

乗り越えられる気がする。

因みに70度から100度まで上昇するのに20分掛かってますね。

油圧の変化は差ほど感じられませんでした。


ツーエイト号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け

2ロット目最後のハイパワーフル強化オイルポンプの取付けに

ツーエイト号ハイパワーフル強化オイルポンプ装着 (1)ご来店されたツーエイト号。

突然の襲撃でしたが

交換作業自体は30分も掛からないので

交換作業を開始する事に。

ツーエイト号ハイパワーフル強化オイルポンプ装着 (2)オイルクーラー無しの車両で

ノーマルオイルポンプの仕様なので

話を聞くとやはりオーバーヒートしている感じ

なのでこれからの時期は厳しい…。

ツーエイト号ハイパワーフル強化オイルポンプ装着 (3)油温管理もしてないので

怖いのは熱ダレによる油幕切れです。

で、サクサクッと純正ポンプを

取外して、サクサクッと取付け。

ツーエイト号ハイパワーフル強化オイルポンプ装着 (4)これで流量50%増量されるので

オイルクーラー無しでも純正よりは

冷却効率が上がりますし

少々の熱ダレで粘度が下がっても

油幕切れの心配も軽減されると思います。


大阪K号エンジンブラスト一日目

油混じりの泥汚れを洗浄して、今日からブラスト作業に取掛かります。

大阪K号398シリンダーブラスト (1)まずはシリンダーから取掛かります。

塗装はされてますが塗膜が薄いので

ブラスト処理で取れると思ったのですが

所々塗膜が厚い所があり

大阪K号398シリンダーブラスト (2)結果途中でリムーバー投入!

残った塗装を剥がす事になりました。

塗装が浮いた所で、再度ブラスト処理再開。

結局2時間以上掛かってしまいましたが

大阪K号398シリンダーブラスト (3)やっとシリンダーのブラストが終わった。

ヘッドも終わらせたかったのですが

時間的に厳しいので、先にシリンダーの

測定をやってしまいます。

大阪K号398シリンダー測定 (1)まずシリンダーの歪み測定から

測定結果は、ギリ規定値内なので

このまま使っても大丈夫でしょう。

次はシリンダー内径の測定。

大阪K号398シリンダー測定 (2)4シリンダーとも測定値は51.05mm

基準値51.00mm〜51.01に対して

使用限界値は51.1mmで残り0.05mmでした。

後はピストンスカートの外径と

比較してからどうするかなのですが

シリンダー内部は縦傷も少なく良い状態でした。

大阪K号398ピストン測定 (1)で、次にピストンスカート外径を測定。

基準値50.97〜50.99に対して

測定値がピストン4個共50.985mmでした。

使用限界値が50.85mmですが

クリアランスで言うと0.065mm(6.5/100mm)と

まぁ少し広いかなぁ…という感じ。

CPでのボーリングでのクリアランス基準は3/100mmなので

クリアランス的には倍以上になっており中々悩ましいエンジンです。

このまま組んでも悪くは無いかなぁ…って感じで

微妙なので要オーナーと相談して決める事にします。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔