2019年06月08日

保全的部品交換3

明日は第二日曜日で定休日。
通常ならCPツーリングの日ですが
僕の都合も悪く、天候も微妙なので
昨日お伝えした通り、今月の月例ツーリングは
中止とさせて頂きます。


1号機火災からの復活への道その14

昨日雨が酷かったので小降りになるまでと思い

1号機火災からの復活ハンドルスイッチ取付けハンドルスイッチなどを仮組して

激しく妄想を膨らませていました。

LEDウインカーリレーを

LEDハザードリレーに変更して

ハザードスイッチも増設ていたら、あっという間に時間がw

1号機火災からの復活フロントフォーク組立て (1)で、今日はフロントホークの部品が

一部揃ったので組める所まで

組立てをして、部品点数を減らします。

スライドメタルを打ち込んで

1号機火災からの復活フロントフォーク組立て (2)SFKのオイルシールを挿入しました。

これで後はカートリッジのニードル用

Oリングが入荷してくれば

フロントフォークは完成します。


北海道ツーリングリベンジの準備

昨日雨の降る合間、遅くに入庫してきた京都H号。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (1)フロントフォークから若干の

オイル滲みがあり、よく見ると

インナーに点錆びもあったので

保全的にフロントフォークO/Hとなり

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (2)そのままお預かり入庫となりました。

何でも昨年フォアで行くはずだった

北海道ツーリングのリベンジらしく

来月には行くらしい。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (3)ついでにヘッドライトを当時物純正の

状態の良いヘッドライトが

手に入ったので、あえて交換する事に。

ポジション球ベースの入荷が少し遅れるので

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (4)納車は来週火曜日以降になりそうです。

スピードメーターワイヤーロックボルト

固着して抜けないので

破壊して取外します。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (5)キャリパーホルダーピンは

かろうじて油分が残っているだけなので

ここもちゃんと動くように

整備しておきます。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (6)ボルト類は適当な長さの物が使われているので

正規のサイズに変更しておきます。

取合えずフォロントフォークは取外しました。

これで先に不具合箇所の修正を済ませます。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (7)スピードメーターワイヤー固定の

トラスネジの頭を飛ばして

逆タップで摘出完了。

タップを立てて処置は完了です。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (8)インナーチューブの点錆びは

思っていたより酷い状態で

フォークオイルがしっかりと

引上げられているので、交換時期は間違いない。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (9)ロントフォークを分解してみると

ピストンリングは交換されていないようで

4年ぐらい前にO/Hしたと言うのですが

インナーチューブを締め付けるボルトと

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (10)スペシャルワッシャーは使い回しの疑い。

取合えず点錆を磨いていると

何気に違和感があったので

まさかなぁと思いながら念の為

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (11)インナーチューブを並べてチェック。

ここから180度左側のインナーチューブを

回転させると…

結果はなんとまぁ…

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (12)隙間が開くので

しっかりと曲がってますなぁ…。

点錆びも多いのでこの際

インナーチューブを交換した方が良いかもねぇ。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (13)定規を当てて再度チェックしてみたけど

やっぱり曲がっているのは間違いない。

オーナーに連絡を取ってから

どうするかを決めるので連絡を取り

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (14)「一番良い方法で」との事だったので

点錆びや曲がりがある事から

インナーチューブは交換する事になり

サクッと交換しました。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (15)取外す時にフロントフォークのナットには

ワッシャーが入っておらず

フェンダーのボルトも長さが全て短く

ねじ山にダメージがあったので

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (16)全て新品に交換しました。

6×28の所には6×20のボルトが入って

6×16の所には6×10のボルトが

入っていたりと、残念な事になってました。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (17)フロントフォークの交換は終わって

ヘッドライトの交換に取掛かります。

マーシャルのヘッドライトと

ケースを取外して、非常に程度の良い

純正ヘッドライトケースに交換しました。

これで後は部品の入荷待ちとなりました。


本日のご来店

CP22号機、高槻のSさんがフォアの衣替えをして、お見舞いがてらにご来店。

190608本日のご来店高槻S号少しスタッドボルト付近から

オイル滲みが始まってしまったらしい…。

PITの都合が付き次第増し締めと

ハイパワーオイルポンプも装着を

検討しているそうで、タイミングと物が揃えば何とかしようと思います。

ハイパワーオイルポンプの問い合わせが多いのですが

部品が揃わないので、それでもお待ち頂けるのであれば

出来上がり次第、随時お出し致しますので…。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) メンテナンス | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔