2019年04月05日

足回りマッスル化完成3

体重は現在102.4キロまで減ってます。
この調子で行けば来週中には目標の二桁に
なれると思ってますが、日曜日に花見があるので
そこで少しリバウンドするかも知れない…。
最近は薄味にも慣れて、量もそれほど食べなくなりました。
それと明日は11:30頃から3時間ぐらい
僕は不在ですがお店は、嫁が店番をしています。


足回りマッスル化七日目

最後の部品5cmロングのタコメーターワイヤーが

大阪T号足回りマッスル化完了 (1)入荷してきたので早速取付け。

これで大阪T号足回りマッスル化計画は

完結となりました。

これで一応全ての部品の取付けが終わり

大阪T号足回りマッスル化完了 (2)大阪T号の足回りマッスル化作業は

やっと終わりました。

作業している時間より

待っている時間の方がかなり長かったのですが

大阪T号足回りマッスル化完了 (3)やっと完成しました。

車高がかなり高いので

サイドスタンドを立てても

これだけ傾きます。

大阪T号足回りマッスル化完了 (4)実はこれ、メインスタンドも

立てているのですが

60mmも車高が上がっているので

メインスタンドは使えません。

大阪T号足回りマッスル化完了 (5)車体を真直ぐにすると

メインスタンドと地面の隙間が

こんなにあります。

なので、メインスタンドを使う時は

大阪T号タペットクリアランス調整 (1)こんな風にゲタを入れて使って下さい。

これで取合えずタペットクリアランスの

調整をしてみる事にします。

実圧縮が結構高かったので

大阪T号タペットクリアランス調整 (2)問題は無いとは思いますが

少しだけ狭かったので調整しました。

これでタペットクリアランスも

OKなんですが、タペットキャップの

大阪T号タペットクリアランス調整 (3)Oリングがこんな感じに潰れているので

ついでに交換しておきます。

まだゴム感は残ってましたが

Oリングが■リングになってました。

後は次の車検の時にでも公認車検を取る事にします。


京都H号CB550F腰上O/H分解

やっと作業に取掛かれるCB550Fの腰上O/H

京都H様CB550F腰上OH分解 (1)タンクを取外して分解の準備。

空間が多いので余分な物を

外さなくて良いので結構楽ちんw。

IGCキャップがすっぽ抜けましたけどね。

京都H様CB550F腰上OH分解 (2)キャブを取外そうと

エアークリーナーボックスを見ると

フィルターは入っていませんでした。

むー…。

京都H様CB550F腰上OH分解 (3)取合えずボックスを取外して

キャブを取外しました。

インシュレーターは少々硬化してますが

このまま使えると思います。

京都H様CB550F腰上OH分解 (4)ブリーザーカバーを外します。

液ガスたっぷりですが

このガスケットは絶版部品になります。

既に新品の入手手段は確保してあります。

京都H様CB550F腰上OH分解 (5)同じくロッカーアームシャフトカバーの

Oリングも液ガスだらけです。

ここはまだ部品はでるので

新品と交換する事になります。

京都H様CB550F腰上OH分解 (6)ヘッドカバーを取外しました。

ここも液ガスだらけですね。

ロッカーアームにダメージが

無いのは幸いです。

京都H様CB550F腰上OH分解 (7)カムシャフトを取外す前に

一応点火時期の確認をしておこうと

#1.4のTマークに合わせて

カムスプロケットを見てみると!

京都H様CB550F腰上OH分解 (8)何とまぁ!…

45度はズレているではないか!

どうやればこんな間違いになるのか?

念のため上死点を確認してみると

京都H様CB550F腰上OH分解 (9)全然ズレていたので、良くこんなので

走れていた物だと思います。

このINマニのスタッドも絶版ですが

このまま使えるので使うかはオーナーと相談。

京都H様CB550F腰上OH分解 (10)シリンダーヘッドのナットや

ボルトを取外してシリンダーヘッドを

取外しました。

ピストンは上死点に居ます。

京都H様CB550F腰上OH分解 (11)オイル漏れ箇所のガスケットが

吹き抜けていたので

これが主なオイル漏れの原因でしょう。

これもまだ純正が出るので助かります。

京都H様CB550F腰上OH分解 (12)で、シリンダーを取外しました。

ベースパッキンは残念な事に

純正は絶版ですが、これも純正新品を

準備出来ています。

京都H様CB550F腰上OH分解 (13)カムチェーンスリッパーは交換です。

これもまだ純正が出ます。

ガイドもまだ純正がでるので

交換する事にします。

京都H様CB550F腰上OH分解 (14)例の如くピストンリングが割れてます。

ピストンにダメージが無ければ良いのですが

取合えず腰上分解は完了しました。

ここから仕上げて測定して見積りを作ります。

大体の見積りは出来ているのですが

測定してみないと分からない所もあるので。


久々の旧2号機オイル交換

昨年の大阪北部地震や、台風21号などの影響で

190405旧2号機オイル交換にご来店 (1)普段の仕事量に増して

復旧工事の依頼などで

全くフォアに乗れていなかった

旧2号機のOさんがオイル交換にご来店。

190405旧2号機オイル交換にご来店 (2)カルテを見ると1年前の4月21日に

オイルを交換したので

約1年ぶりのオイル交換でしたが

オイルはさほど汚れてなかったので

聞くと、1年前の徳島絶版バイクミーティングの時に交換したらしい。

peke_cb400f at 18:00│Comments(2) カスタム | エンジン

この記事へのコメント

1. Posted by H号   2019年04月06日 10:57
毎度毎度ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

点火はバッチリですと前オーナーさんが言っていたのでそのまま乗っていました。エアクリーナーが入っていない件もすみません。

使用できるものはそのままでお願いします。

2. Posted by PeKe   2019年04月06日 14:55
>>1

> 毎度毎度ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
>
> 点火はバッチリですと前オーナーさんが言っていたのでそのまま乗っていました。エアクリーナーが入っていない件もすみません。
>
> 使用できるものはそのままでお願いします。

壊れる前に分かってよかったですね。
45度ズレていたおかげで
バルタイも干渉せず微妙に合ったのかも知れませんが
気化したガソリンが完全に圧縮される前に爆発しているので
異常燃焼ではなく不完全燃焼の方だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔