2019年03月29日

29日のブログ

操作ミスで29日のブログを消してしまったので
覚えている範囲で書き直しました。


190329今朝の体重

確かこの日までは順調に体重も減っていたはず。

190329今朝の体重55歳になってから

もっとも体重が減った日でした。

このままの調子で行けば

3月中にには二桁の目標が達成出来るはずだった。


大阪T号足回りマッスル化二日目

CP特注スイングアームを装着するので

大阪T号足回りマッスル化二日目リアサスロアマウントボルト変更 (4)リアサスのアッパーマウント側も

オフセットして取付け。

この3mmのオフセットが結構重要なんです。

これでリアサスも真直ぐになります。

大阪T号足回りマッスル化二日目リアタイヤホイール取付け (1)タイヤが入らないので

店のスロープを利用して

更にメインスタンドの下に

板を入れて車体を持ち上げました。

大阪T号足回りマッスル化二日目リアタイヤホイール取付け (2)60mm車体が上がるので

タイヤホイールが入らないし

メインスタンドも使えなくなりますが

メインスタンドは使えるようと考えます。

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (1)アゲインBSにリアブレーキマスターを

取付けて見ると、色々と問題も判明。

サブフレームを外に振った事で

マスター接続カラーのボルトが

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (2)サブフレームと干渉する事になった。

寸法を測定して加工範囲を考えて

カラーを削り、ボルトを交換すれば

サブフレームと干渉しなくなると思い

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (3)カラーを加工してボルトも変更。

ボルトを入れる向きも変えて

サブフレームと干渉しなくなりました。

これでリア回りは一先ず完成です。


ハイパワーオイルポンプ試作

アゲイン製ローターケースとCP製ハウジング加工で他車種流用の

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (1)ハイパワーオイルポンプを

作ろうと思い、試作品が完成。

純正比49.5%増量、強化比14.5%増量。

新型オイルポンプは純正比35%増量です。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (2)画像左側は新型強化オイルポンプ

画像右は今回のハイパワーオイルポンプ

ローターさえあればまだ2mmぐらい

大きな物が使える事になります。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (3)取合えず試作品を組立てて

テストをする準備を整えます。

これをまず1号機に取付けて

油温の上昇をチェックしてみます。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (4)アゲイン&CPコラボ製品

ハイパワーオイルポンプの完成。

後はテストでどうなるかです。

流量が増えた分流速が早くなります。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (5)増えた分の流量がシリンダーヘッドに

上がりジャブジャブとオイルを流して

エンジンの熱を奪ってくれます。

ピストンクーラーの流速も上がり

ピストンも冷えやすくなりますが

オイルクーラーの流れが速くなるので

冷える前にエンジンに戻る事にもなりますが、結果はどうなるかお楽しみに。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) カスタム | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔