2019年02月15日

嫁からのチョコ3

予定では明日から屋根の修理工事が始まるのですが
何も連絡が無いので遅れるのかなぁ?
まぁ駐車場が使えなくなるのがちょっと厳しく
通勤もこの寒い時期に車が使えないのは辛いので
もう少し暖かくなってからの方が
僕としては良いかなぁ…


2月14日の自宅ガレージ

やっと姫の修理&エンジンフルO/Hが終わったので

190214自宅ガレージ5台目収納自宅ガレージに持ち帰り保管。

来月から暖かくなるらしいので

何時でも出動出来るように

お店の屋根の修理が終わったら

またお店の不動車コーナーで保管になります…。


バレンタイン 

最近は息子夫婦の事や孫の事で意見が合わなかったり

20190214嫁からのチョコ (1)僕の事をボケ扱いするので

少しムカついていたのですが

食事が終わった後にバレンタインの

チョコを出してきたのに少しビックリ。

20190214嫁からのチョコ (2)それまで少し空気が悪かったけど

どうしたら良いのかが分からなくて

暫く無言の時間が続いたけど

最後に「ありがとう」って言ったら

「はい」と言ってくれた。


22号機腰上分解

作業も少し落ち着いてきたので、合間に22号機の腰上分解作業を進めます。

22号機高槻S号腰上分解チェック (1)シリンダーヘッドのバルブガイドは

交換する予定なのですが

気になるのは

シリンダーの状態。

22号機高槻S号腰上分解チェック (2)シリンダーヘッドを外すと

#4も少々オイル上がり気味のようです。

スリーブに電位差の虫食いが

あるかも知れないとシリンダーを抜いて

22号機高槻S号腰上分解チェック (3)チェックをしてみると

結構な縦傷があった…。

長期放置のピストンリングの跡もあり

計測次第ではOSピストンになるかも

22号機高槻S号腰上分解チェック (4)ピストンも結構スカッフがあり

セカンドリングの磨耗が

想像以上に磨耗していた。

特に#1はオイル上がりとオイル下がりが

これを見る限り酷かったのだろうと思います。

22号機高槻S号シリンダーボア測定 (1)シリンダーを洗浄して

ボア径の測定をします。

縦傷も少し爪が引っ掛かるので

OSピストンになるかなぁと測定。

22号機高槻S号シリンダーボア測定 (3)結果は平均51Φー0.07mm〜0.08mm

と言う結果だったので

使用限度まで残り0.02mm〜0.03mm

確か0.25OSのピストンがあったはず。

22号機高槻S号シリンダー歪み測定その前にシリンダー歪み測定。

結果は問題なしなので

平面研磨はしなくても良い

後は0.25OSで傷が消えれば良いのだけど

22号機高槻S号ピストン外径測定  (1)念の為ピストンを取外して

外径を測定してみると

ピストン4個共に50.965mmで

ピストンは許容範囲内だったけど

22号機高槻S号ピストン外径測定  (2)スリーブの磨耗が酷いので合計すると

最大クリアランスが0.115mmになるので

純正0.25OSピストンを探し出しました。

中古だけど、費用を抑えるには

22号機高槻S号ピストン外径測定  (3)これが最適だと思うので

今回宝物庫に眠っていた

貴重な純正0.25OSを使う事にします。

リプロ品のピストンは0.5mmピッチの

22号機高槻S号シリンダーヘッド燃焼室カーボン除去オーバーサイズからしかないので

そう言う意味でも0.25OSの

純正ピストンは貴重です。

シリンダーヘッドの燃焼室のカーボンも

ボチボチと綺麗に掃除してから、ヘッドの方も下拵えをする事にします。


23号機部品集め

レーサーから公道走行仕様にする為に必要な部品を集めながら

23号機の部品 (1)ぼちぼち組立てを進めている23号機。

オーナーから送られてくる

使えないクソ部品や

手間が掛かるメーター関係など

23号機の部品 (2)レーサーでは必要が無かった

純正部品を車体を組みながら

その都度購入して行ってます。

どれだけ安く仕上げようとしても

結構費用が掛かってしまいます。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔