2019年01月22日

今日でブラスト作業は終了3

春のシーズンinに向けて現在お客様から
値段が安くて良い車両を探すようにと
沢山の車両を依頼されてます。
XJR400R、ZRX400、アドレスV125G(二台目)などですが
フォア屋なので、フォアも買ってくださいw
フォア398登録1台ありますし、カワサキZ1-Rも1台あります。


三重M様のご依頼作業

古く硬化したガムテープを色んな手段を使って剥がそうと

純正新品NOSドリブンスプロケットガムテープ剥がし (1)色々とチャレンジしています。

溶剤に漬け込みましたが変化が無いので

ヒートガンで暖めてみたりしましたが

全然歯が立た立たなかった…

純正新品NOSドリブンスプロケットガムテープ剥がし (2)シンナーを塗って見ましたが

これも全くダメでした。

シンナーは揮発性が早いので

少し手段を変えて

純正新品NOSドリブンスプロケットガムテープ剥がし (3)ペーパーにシンナーを染み込まして

ラップで巻いて暫く放置する

作戦に変更しましたが

これも全然ダメなので

大人しく最強レベルのシール剥がしを購入する事にしました。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (1)次にクロームメッキ部品など

メッキ屋さんへ出す前に下準備。

内側はバフ仕上げ出来ないので

錆びたまま出すと、残念な仕上りになります。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (2)錆を取り除こうとブラストを当てると

何故か錆びている部分が増えてくるので

よくよく見ると、錆びの上から

塗装をされていました。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (3)これは最悪のパターンで

メッキ屋さんにも槽が汚れるので

叱られる奴で、ヘタをすると

もうメッキをやってくれなくなる場合が

三重M様再メッキのご依頼下準備 (4)あるので、出す前にしっかりと

状態を管理して置きます。

マフラーバンドなどは

ねじ山がメッキの幕厚で埋まってしまうので

ボルトを差し込んで置きます。

送られて来たボルトの中に1本だけ曲がっているボルトがありました。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (5)まだ純正部品で出る部品ですが

これはユニクロメッキだと思いますが

このまま出すと紛失する事が多々あり

メッキ屋さんには紛失したからとは言えません。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (6)なので、出来れば細かく大事な部品は

針金やワイヤーなどで連結して下さい。

それでも紛失する時はありますが…

メッキ代より新品を購入した方が安いですが…

取合えず再メッキに出す準備は整いました。


姫号エンジンO/Hブラスト最終

フルウエットブラストも今日で四日目に入り最後のパーツです。

姫号エンジンOHクラッチカバーブラスト仕上げ (1)まずはクラッチカバーから

パッキンを剥がして

オイルシールなども取外します。

レリーズのOリングも交換です。

姫号エンジンOHクラッチカバーブラスト仕上げ (2)剥がれ残ったパッキンを剥がして

レリーズカバーとフィラーキャップも

ブラスト仕上げが完了しました。

これで後は組立ての下拵え

姫号エンジンOHクラッチカバーブラスト仕上げ (3)リタップ掃除を済ませて

新しいオイルシールを入れて

これでクラッチカバーの

下拵えが完了しました。

姫号エンジンOHACGカバーブラスト仕上げ (1)次にACGカバーをブラストで

仕上げるので分解します。

ローターも錆があるので

同じくブラスト仕上げになります。

姫号エンジンOHACGカバーブラスト仕上げ (2)サクサクッとブラスト仕上げ完了。

後は組立てればACGカバーの

下拵えが完了です。

これで残すはヘッドカバー。

姫号エンジンOHヘッドカバーブラスト仕上げ (1)ロッカーアームを取外し

タコメーターギアーの

オイルシールも取外し

タペットキャップのOリングも取外しました。

姫号エンジンOHヘッドカバーブラスト仕上げ (2)これでウエットブラスト仕上げが

完了したので、姫号のエンジン部品

全てのウエットブラストが

やっと終わりました。

姫号エンジンOHヘッドカバーブラスト仕上げ (3)ヘッドカバーもサクサクッと

下拵えを終わらせて

クランクとシリンダーが仕上がるのを

待つばかりとなりました。

オイルラインも加工完了です。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔