2019年01月10日

右直事故3

2019年を迎えてからウイルスメールの量が激しく増えて
僕の実働時間をかなり奪われています。
その上今日携帯電話に詐欺メールが届いた。
変な病気はもらっても、ウイルスメールを開いたり
詐欺メールに引っ掛かる事は絶対に無いけど
処理をする時間を取られるのがむかつくわ!


GTH号パンク修理

やる事が沢山あり過ぎて、作業の順番をどう組立てるかを

GTH号パンク修理190110 (1)毎晩寝る前に考えている状態です。

で、散々考えた挙句まずは

GTH号のパンク修理を先に

終わらせる事にしました。

GTH号パンク修理190110 (2)まずパンク箇所の特定をする為

タイヤを検索すると…

発見!ありました。

バッチリ刺さってますねぇ。

GTH号パンク修理190110 (3)抜いてみてこれまたビックリw

思わず「ほっそ」って言ってしまった。

錆びて細くなった釘状の物でした。

よく刺さったもんだわ。

GTH号パンク修理190110 (4)サクサクッとチューブを交換して

パンク修理は完了しました。

後はフロントブレーキ交換と

継続車検関係の作業を残すのみです。


23号機組立て三日目

今PITを圧迫しているのは全然慌てていない23号機なので

23号機組立て三日目 (1)まずこれを早くローリング出来る

状態にして、不動車コーナーに

上げてしまいたい事なので

どうしても最優先になってしまう。

23号機組立て三日目 (2)サクサクッとフロントタイヤを取付けて

ローリング出来る状態になりました。

エンジンからオイルの残尿が出て来るので

オイルフィルターとオイルパンを取付け

23号機組立て三日目 (3)フロントフェンダーも取付け

一応はこれで不動車コーナーへ

行く準備は出来ましたが

忘れる前に気になる所をやって置きます。

23号機組立て三日目 (4)まずはオイルパスプラグの

Oリング部分からっぽいオイル滲み

取合えずOリングを交換して

エンジンが蘇ってから様子を見る事にします。

23号機組立て三日目 (5)元レーサーマシーンのエンジンには

発電システムを取付けて無いので

取合えずローターを取付け。

コイルとカバーは今度探しておきます。

23号機組立て三日目 (6)フレームに干渉するので取外した

リアブレーキマスターを

良い感じに取付けたいので

どう言う感じになるかをチェック。

23号機組立て三日目 (7)結果、色々と試してみたけど

部品の使い回しではちょっと厳しく

余り外に出すと踵が当たるし

そもそもこの取付け方だと

23号機組立て三日目 (8)フレームにも干渉するのは変わりなく

取付け位置その物を変更しないと

マスターを取付け出来ないので

まぁ宿題にしておきます。


CBR250R右直事故

歯科助手の女の子が乗るCBR250Rが今朝

信号の無いほぼほぼわき道程度の交差点がある所を直進。

CBR250R事故入庫190110そこへ125ccのバイクが

右側を確認せずにわき道から右折。

女の子が乗るCBR250Rと接触転倒。

それをタイミング良く見ていたのが

警察官だったのもラッキーですが

バイクのダメージは大きい物の、身体は打撲程度で済んだのも

ラッキーだったかな、今年は事故入庫率が多いなぁ…。

S君のクロスカブ0:100の事故もネゴられましたが協定が出来ました。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 修理 | レーサー

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔