2018年11月26日

追い込み営業3

予定している段取りが全て塗装で止まってしまい
色々と困っている状態ですが
師走も目の前に迫って来て、予定している作業にすら
取掛かれない状態が続き、更には入庫の予定も
定まらない状態になって来ています・・・
このままじゃぁお客様に迷惑を掛けてしまうのですが
塗装が仕上がらない⇒納車出来ない⇒結果PITが常に満タン
この負の連鎖を何とかしないと・・・何とも出来ないけどね・・・


姫号レストア準備

このままでは埒が明かないし、何時になったら取掛かれるか

分からないので、不動車コーナーに上げた姫号の

姫号フルレストア準備レストア準備に取掛かります。

取合えずエンジンオイルを

二、三日掛けて抜いて

エンジンを下ろす準備に取掛かる事にしました。

今週末に継続車検入庫もあり、CB550Fの腰上O/Hも予定。

姫号フルレストアの他にも寝屋川国内408車検整備、銀ちゃんレーサー号分解

クロスカブなどもあり、今手を付けている、tanji号エンジンO/H

ブログNG車、三重U号、足回りマッスル化号

CP1号機のエンジンO/Hなどは全て外注仕上がり待ち状態です。

で、今朝内燃機屋さんに連絡して、出来上がっている部品だけでも

先に送ってもらうように連絡したので

近日中にはtanji号の腰下の組立てが出来ると思います。


ブログNG車破損部品交換

何も出来ないので慌てる必要もないのですが・・・

ブログNG車AK号部品交換 (1)取合えず出来る所を先に仕上げます。

不在のL側リアウインカーワッシャー

タンデムバーを緩めてウインカーステーを

取外すと、こんな感じでワッシャー不在。

ブログNG車AK号部品交換 (2)で、ワッシャーを入れて組み直しました。

これでウインカーのダンパーが

本来の仕事をしてくれるようになります。

本当は左右非対照のワッシャーですが

ブログNG車AK号部品交換 (3)こっちの方がカッコ良いからねぇw

フロントR側の傷付いたウインカーレンズ

これも新品に交換します。

本体や、ステーが無傷なのが奇跡ですね。

ブログNG車AK号部品交換 (4)一重文字ウインカーレンズを探していたのですが

俗に言う二重文字ウインカーだったので

これも被害的にはラッキーだったかも知れません。

これでレンズも新品になりました。

ブログNG車AK号部品交換 (5)次にR側メーターセットリングの交換。

メーターステーの歪みもちゃんと修正しました。

ダンパーラバーはまだ大丈夫そうなので

このまま移植する事にします。

ブログNG車AK号部品交換 (6)これで交換が完了しましたが

メーターリムにはダメージが残ってます。

これを交換するのは大変なのと

タコメーター側本体にも

ブログNG車AK号部品交換 (7)少々ダメージがあるので

ボロ隠しじゃないですが

キジマのメッキメーターカバーを

被せるのも一つの手段かなぁ・・・と

これをきっちり修正するのであれば、また別途ご相談になります。

ブログNG車AK号部品交換 (8)キジマのブレーキパワーレバーにも

ダメージがあり、純正バーエンドゴムも

ボロボロになっており

これも交換してしまいます。

ブログNG車AK号部品交換 (9)新品のパワーレバーとバーエンドゴム

キジマのパワーレバーの○は大きいので

入れるのには苦労するんですが

何とか強引にゴムを入れて

ブログNG車AK号部品交換 (10)ブレーキ側のパワーレバーも

交換が完了しました。

後はエンジンガードの修理と

ステム、トップブリッジ、タンクの塗装が終われば

直ぐに完成するんですけどねぇ・・・


部品取りキャブレター再メッキ

三重のM様からのご依頼で、不足部品やキャブ部品の再メッキのご依頼。

三重M様部品取りキャブレターなどメッキ依頼 (1)届いた荷物を開けてみると

聞いてはいたのですが

残念な事にサンドブラストをされて

使い物にならない状態でした。

三重M様部品取りキャブレターなどメッキ依頼 (2)某Yオクで部品取りとして

購入したとの事なので、別に良いのですが

カシメピンが入っている所に

何やら罠がありそうです・・・

三重M様用再メッキ部品その他の絶版部品再メッキ済みの物

408タイプリアアクスルシャフト

キャブレターインシュレーターバンド

エンジンロアハンガーボルト10×74などは

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (1)在庫があります。

パテ埋めされた怪しい部分を剥がすと

何やら打ち込まれているので

一度分解はされているようです。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (3)1stアイドルスクリュー部分に

本来あるはずの平ワッシャーが不在。

ここはキャブ1基に1個なので

在庫分も厳しいはずです・・・

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (4)オーバーフローチューブ側の

クランプはありますが

フユーエルホースクランプ側は不在。

これも1基に1個なので、在庫としては厳しい。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (5)アクセルワイヤーホルダー部分の

再メッキをするには分解が

必要になるので、どうしようかと

考え中なので後回し。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (6)サクサクッと全バラして

クロメイトメッキをする部品を

全て取外しました。

さて、こうなったらリンクプレートも

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (7)分解しないとアンバランス過ぎるねぇ・・・

と思いカシメピンのセンターにポンチを入れ

穴を開けようとしたのですが

どうやらステンレス製のピンが入っているようで

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (8)穴が逃げまくるので

仕方なく奥の手を使い取外し成功!

あるはずのスラストワッシャーが不在。

でもまぁ無事に全バラする事が出来ました。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (10)入っていたステンレス製ピンの残骸・・・

こんな面倒臭い事しやがって!

こいつのせいでかなり

手間が掛かり過ぎました。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (11)シャフトも錆びているので

一応シャフトも再メッキします。

リンクプレートは使うかどうか分かりませんが

念の為、ウエットブラストで仕上げました。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔