2018年11月03日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日11月4日(日曜日)は第六回淡路島バイクフェスタに
ブース出展の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、お時間が御座いましたら
平成最後で西日本最大のバイクイベントへご来場下さい。


三重U号作業七日目

外装さえあればもう今日で完成なのですが

三重U号仕上げ前チェック (1)取合えず完成前チェックをする為に

バッテリーを充電して

電装系のチェックなど諸々の

確認作業を終わらせる事にします。

三重U号仕上げ前チェック (2)バッテリーを接続して

ヘッドライトブースーターと

ホタルの配線も接続しました。

これで配線関係は全て完了。

三重U号仕上げ前チェック (3)エンジンオイルを入れて

エンジン始動準備と

保安部品のチェックを済ませます。

全て問題無いかと思っていたら

三重U号仕上げ前チェック (4)最後にホーンが鳴らない事が判明・・・

テスターで調べるとホーンラインに

電圧が掛かっていないので

恐らくハンドルスイッチに原因があると思う。

三重U号仕上げ前チェック (5)念の為、ホーン本体もバッ直でチェック。

ちゃんと鳴ったので、ホーン本体には

問題が無い事が確定したので

やはりハンドルスイッチ側に不具合がありそう。

三重U号仕上げ前チェック (6)ヨシムラミクニTMR-MJNに

ガソリンを流し込んで

いよいよ復活します。

セルを数回回すと

三重U号仕上げ前チェック (7)機嫌良くエンジンも復活!

これで一応三重U号の

事故復旧作業は完了しました。

後は外装のリペイント待ちですが

ハンドルスイッチをどうするかオーナーと相談します。


名古屋tanji号エンジンO/H開始

やっと今日から名古屋tanji号のエンジンO/H作業に取掛かります。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (1)一昨日から抜いていたエンジンオイルの

沈殿物をチェックすると

何とまぁこれは!危険信号がかなり出ており

以前よりも粒が大きく量も多くなってます。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (2)一抹の不安を感じながらも

タイミング的には丁度良かったのかもと

思いながらエンジンO/Hに取掛かります。

PITを空けて車両を中央に置いて作業開始。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (3)まず分解しながら取外した部品の

状態をチェックして行きます。

IGC#4断裂しています。

これはエンジンO/Hと別で余分な不具合です。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (4)ボルトの入れ間違いが数箇所ある

シリンダーヘッドカバーですが

M6×60のボルト部分が

何やら怪しい事をされています。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (5)ヘッドカバーを取外して

ロッカーアームとカムシャフトをチェック

少々の磨耗はある物の

カジリも無く状態としてはまぁまぁです。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (6)よくあるカムチェーンガイドの硬化による

ヘッドカバーへのダメージ痕が

少しありました。

カムチェーンガイドもダメです。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (7)ガバナの状態も悪く錆びがあり

かろうじて動く物の

キュッキュッと音がするので

磨耗具合が気になります。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (8)クラッチアウターのガタ付きは

仕方がないかなぁ

これはついでにリビルドしてしまいましょう。

このコトコト音が耳障りですからね。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (9)以前から分かっていた

フロントエンジンハンガーの変形。

果たして真直ぐな物が付くのか?

ダメならこれを使う事になるかも・・・

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (10)抜きにくかったアッパー側の

エンジンハンガーボルトを

何とか抜いてみると・・・ゴトっと音がして

エンジンの位置が変わりました。

まぁフレームを修正しても、エンジンマウント部分の修正は厳しいので

このまま何とかするしかありません。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (11)シリンダーヘッドを取外すと

ガイドのガスケットは朽ちて崩れてきました。

恐らく未開封のエンジンだろうと思います。

ヘッドカバーは一度開けられており

カムチェーンガイドの上下が入換えられてました。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (12)リンダーを抜いてピストンとご対面。

まぁこれもよくありがちで

ピストンリングが割れてます。

これが酷くなると

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (13)棚落ちしてえらい事になります・・・

スリーブもダメなのでOSピストンにするか

中古良品のSTDピストンとスリーブの

撃ち替えをするかですが

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (14)後者の方が費用が掛かります。

で、恒例の

エンジン



名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (15)どーん!

降りました。





名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (16)サクサクッと腰下も分解。

見る限りでは大きな問題箇所は

無さそうなので一安心。

何時も通りの手順で行けそうです。

問題はスリーブの傷の深さですね。


本日のご来店

車を運転中に対向車が黄色車線をオーバーランしてきたとの事で

181103本日のご来店「正面衝突したわぁ」とご来店。

頚椎と右腕が痛いらしいのですが

それでもバイクには乗るw

分かるけどねw、お気をつけ下さい。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 電装品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔