2018年08月27日

右直?左直事故3

昨日は臨時休業を頂いて
4in to1オーナーズクラブツーリングに参加し
数年ぶりに龍神スカイラインを走りました。
先頭を走る松永社長を追いかけて
貴重なマフラーを擦りまくってしまい
もうじき穴が開きそうです…
丁度ごまさんタワーで休憩中に知り合いの方から
神戸で事故ったとメッセージが入りレッカーの手配などで
バタバタしましたが、何とか手配も出来ました。
怪我は左手?腕骨折との事で、今日病院へお見舞いに行く予定です。
バイクの状態はかなり酷く全損状態でした…


4in to1オーナーズクラブツーリング

昨日は臨時休業を頂き、涼を求めて龍神スカイラインへ

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (1)数年ぶりに行ってきました。

集合場所はアゲインで10台集合。

その内1台は針テラスへ向い

8台のフォアと、1台のZ1000Mk僑

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (2)涼を求めて龍神スカイラインへ向いましたが

地上も高地も温度差は差ほども無く

入っている方が涼しかったw

路面には台風の影響で枝葉が散乱し

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (3)道路が陥没していたので

死ぬかと思った。

で、怪鳥号はナンバー灯とブレーキランプが

配線は合っているのに何故か反対になっていた。

最後はナンバー灯すら点かなくなったw

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (4)丁度そこへ知り合いの方から

事故の報告が入り、レッカーの手配などで

少しバタバタしてしまい

写真を撮る暇も無かったけど

久々に龍神を走って楽しかった。


AK号部品入荷

明日継続車検予定の名古屋AK号

名古屋AK号部品入荷仕上げ (1)不足部品が入荷してきたので

早速仕上げ作業に取掛かります。





名古屋AK号部品入荷仕上げ (2)まずはリアブレーキパネルと

トルクロッドの接続部に入る

ワッシャーを正規のサイズに戻します。



名古屋AK号部品入荷仕上げ (3)これで正規の形に戻りました。

ダンパーゴムを全面で押さえる事が

目的なので、普通のワッシャーだと

サイズが小さくてゴムが見えてしまいます。

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (1)次にフロントブレーキパットAの

交換と調整ですが、キャリパーホルダーの

位置が内側に入っている事が気になります。

ローターの何も接触しない部分に

キャリパーホルダー見本一本の筋があるのも少し気になる。

大体の車両の場合キャリパーホルダーの

位置はセンター若しくはパットBが

磨耗している場合は外側になりますが

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (2)名古屋AK号はその間逆になってます。

何処かで不整合があるのかも知れない。

磨耗度合いはもう少し使えそうですが

ブレーキの事なのでパットは新品に交換。

パットBと状態を比べると、明らかに中古品のような感じでした。

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (3)キャリパーホルダーに磨耗や曲がりは

目視&測定レベルでは問題無かったし

中古良品と比べても特に問題ない。

キャリパー本体も問題無いので

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (4)このまま使っても大丈夫なんだろうと

思いますが、キャリパーホルダーが

何故内側に寄ってしまっているのか

原因を追究したい気分です。

で、予算的にも30%ちょっとオーバーしてしまいました…


香川F村号カバー類交換作業三日目

クラッチアウターのガタつきも修正する事になったので

香川F村号クラッチアウターOH (1)早速クラッチを取外すのですが

リフター取付けボルトは

過剰トルクで折れるかと思った。

ロックナットは例の如く

マイナスドライバー的な物で叩かれており

しかも全然トルクが掛かってない状態でした。

この状態のロックナットは

締付ける時に工具が滑ってしまうので

香川F村号クラッチアウターOH (2)ロックナットは新品と交換になります。

で、クラッチアウターを分解。

ついでにブラストで綺麗に仕上げてから

組立てる事にします。

香川F村号クラッチアウターOH (3)ブラストと下拵えが終わったので

ダンパーを新品に組替えてしまいます。





香川F村号クラッチアウターOH (4)はい、これでクラッチアウターの

O/Hが完了しました。

もうガタガタしませんから

エンジンからのノイズも消えます。

香川F村号クラッチカバーガスケット掃除クラッチアウターを外したので

ガスケット剥がしも楽に行えますし

剥がしたゴミも残らないので

綺麗に剥がせます。

香川F村号R側クラッチカバーエンジンガード取付け (1)ガスケット剥がしが一番手間ですね。

これでR側のカバー類の交換は完了。

触る所のボルトの殆どが締付け不足で

走ったらバラバラになりそうです。

香川F村号R側クラッチカバーエンジンガード取付け (2)R側もエンジンガードを取付けました。

これでクランク周りの作業は完了。

後はヘッドカバーとハンドル交換に

ETCの取付けだけなので、今月中には終わります。

peke_cb400f at 18:00│Comments(4) 部品 | エンジン

この記事へのコメント

1. Posted by 名古屋AK   2018年08月27日 20:42
5 お疲れ様です!
ダメ出しありがとうございます!
30%オーバー了解しました…涙
よろしくお願いしますm(_ _)m
2. Posted by 名古屋AK   2018年08月27日 21:09
5 追伸…
キャリパーホルダーが内側に寄っているのは
フレーム自体が曲がっている可能性があるのでしょうか?
3. Posted by PeKe   2018年08月28日 14:00
5 > お疲れ様です!
> ダメ出しありがとうございます!
> 30%オーバー了解しました…涙
> よろしくお願いしますm(_ _)m

予算オーバー申し訳ないです。
危険な所を見てしまったので・・・
4. Posted by PeKe   2018年08月28日 14:02
5 > 追伸…
> キャリパーホルダーが内側に寄っているのは
> フレーム自体が曲がっている可能性があるのでしょうか?

こう言う事象は初めてですが
フレームが曲がっていてもキャリパーホルダーには
関係ありません。
極端に言えば、キャリパーホルダーが曲がっているかも?
キャリパーホルダーの幅は変わってないので
それぐらいしか分かりません。
ちゃんと分解してみれば分かるかも・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔