2018年08月10日

明日から夏季休暇3

【夏季休暇】
取合えず明日から16日まで夏季休暇に入りますが
時間がある時は中で、作業をしていると思います。
のんきな孫がまだ出たがらないので
単勝も三連単もハズレました。
当たるのはピノの星型ばかりで
情緒不安定がさらに進みそうです。


まっきーレーサー号エンジン腰上

昨日は椅子が壊れて腰を強打したのでやる気も失せた。

まっきーレーサー号腰上組立て180810 (1)で今日からまっきーレーサー号エンジンの

腰上組立て作業を再開します。

腰上の新品部品を取出してチェック。

ピストンをセットして組立て準備完了。

まっきーレーサー号腰上組立て180810 (2)サクサクッと腰上組立て完了。

今回はパワーよりライフ重視の為

ベースパッキンを2枚入れました。

実圧縮圧力の狙いは1.0Mpa〜1.1Mpa。

まっきーレーサー号腰上組立て180810 (3)ハイカムを搭載して

カムチェーンをセット。

今回ガイド、スリッパー、ダンパーを

全て新品に交換しました。

まっきーレーサー号腰上組立て180810 (4)カムチェーンの調整は現物を見ながら

強制調整ボルトで調整します。

多くの方がカムチェーンの伸びを

気にしているのですが

実際の所、この小さな82リンクしか無いカムチェーンが

そんなに簡単にデロンデロンに伸びるはずはありません。

仮に初期伸びで1リンク辺り0.01mm伸びたとしても

82リンクで0.82mmしか伸びないのです。

では何故カムチェーンが伸びたと思うのか?

それは、プッシュバーセッティングボルトの磨耗や

加減速によりテンショナーアームに負荷が掛りプッシュバーを

押し戻す為、カムチェーンが緩んでいるだけです。

磨耗して1リンク辺り0.1mm伸びたとしたら?8.2mmと言う事になります。

これはもうカムチェーンとしては限界と言う事になります。

そこでカムチェーン強制調整ボルトで、プッシュバーセッティングボルトの

磨耗や、加減速によるテンショナーアームに掛かる負荷から

プッシュバーの緩みを防止する為に強制調整ボルトを

使った方が良いと言うお話です。

過去一度も強制調整ボルトを使った車両で

カムチェーンの再調整をしたのは、スリッパーが磨耗した事ぐらいで

結果、スリッパーの交換をすれば元通りになりました。


Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭O/H

某YオクでZ1000Mk桐僂離侫蹈鵐肇屮譟璽マスターを購入。

Z1000Mk競屮譟璽マスターOH1 (1)状態がかなり悪いので

当然ですが分解してみました。

マスターカップのOリングも朽ちて

ピストンも錆だらけで酷いもんですw


Z1000Mk競屮譟璽マスターOH1 (2)塗装を剥がして、腐食している所を

ウエットブラストで綺麗に仕上げて

O/Hの下準備が整いました。

ガンコートに出したかったけど

Z1000Mk競屮譟璽マスターOH1 (3)もうこの時期塗装に出しても

間に合わないので自家塗装で

オーブンで焼き付けしました。

純正部品も入荷してきたし

Z1000Mk競屮譟璽マスターOH1 (4)貴重な絶版パーツも綺麗に仕上げて

組立てようと準備を進めていたのですが

何とまぁ、飛んだ盆ミスで

違うサイズのマスターを買ったらしく

Z1000Mk競屮譟璽マスターOH1 (5)買ったマスターのインナーサイズが

14Φだった事がこの時点で判明…

Mk兇離泪好拭爾5/8なので

全然合わないw

Z1000Mk競屮譟璽マスターOH1 (6)ちゃんとチェックしたのに…

目が見えないので5/8を14Φと見間違った。

もうガックリだわ…

Z1000Mk兇離侫蹈鵐肇屮譟璽O/Hは

お盆明けまで持ち越しとなりました。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | レーサー

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔