2018年03月16日

バッテリー不整脈3

この所の気温の高さでトレーナーから
長袖Tシャツに衣替えしたのですが
今日は生憎の雨で少し寒いのは計算外でした。
天気予報を見ると、土日の天気は良さそうなので
予定通りの作業が出来そうです。


1号機の不調原因はバッテリー不整脈

アイドリング中にエンジンストールするようになったタイミングが

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (1)TMR-MJNに変更してからだったので

キャブの問題だと思っていたのですが

調べて行く内に、点火系に問題がある事がわかり

掘り下げるとバッテリーの不整脈と判明

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (2)まぁこれだけの物を常時使用し

IGCとダイナSに電力を使うので

バッテリーもさぞ辛かったはずで

そりゃぁ不整脈も起こすわなぁと思います。

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (3)5年程度使ったバッテリーですが

充電力が低下してしまって瀕死状態。

何時突然死してもおかしくない

状態だったと思います。

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (4)この黄色いバッテリーはアメリカ製で

中々丈夫なバッテリーだったので

突然死せず不整脈を起こしては

復活していたのだと思います。

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (5)2013年9月7日に取付けてたようで

やっぱり5年程使ってました。

殆どほったらかしで5年も持てば

元は十分に取ったでしょう。

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (6)エンジンも快調に動いてくれてますが

アイドリング状態が長いと

消費電力も多くバッテリーには

負荷が多いと思います。

1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (7)発電力には全然問題は無いようで

アイドリング状態でも

13.5V〜14Vで安定してます。



1号機不調原因はバッテリーの不整脈 (9)油温が100℃になっても

新型強化オイルポンプは

0.6Mpaの圧力でエンジンオイルを

吐出してくれてます。

これがノーマルオイルポンプだと0.1Mpaぐらいになります。


13号機エンジン仕上げ1日目

今日は雨なのでPITは満車で身動きが取れないので

13号機仕上げ一日目 (1)13号機エンジンの仕上げから

先日はエンジン搭載だけしか

やってなかったので

エンジンマウントボルトを入れて締付け

13号機仕上げ一日目 (2)L側の仕上げ作業から

取掛かります。

なるべくコストを下げて作る車両なので

部品のチョイスも考えます。

13号機仕上げ一日目 (3)L側一応完成。

ACGカバーBが欠品でした。

R側の下拵えを済ませてから

ブリーダーカバーも取付け。

13号機仕上げ一日目 (4)オイルフィルターケースと

オイルパンを取付けて

他にも欠品がある事が分かり

部品を発注して、今日はここまでで終了です。



peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 電装品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔