2018年03月10日

試運転3

4.5日前からCP前の府道を挟んだ向かい側の
空き店舗の工事が始まったので
何かお店が出来るんだろうと思います。
僕の希望では、たこ焼き、お好み焼きなどの粉物店か
焼き鳥などの居酒屋系、若しくは美人ママの居るスナック。
何が出来るのか楽しみだなぁ。


13号機エンジンシリンダーヘッド下拵え

内燃機加工から戻ってきた13号機用シリンダーヘッド。

13号機シリンダーヘッド下拵え (1)この週末には組む時間が無いので

水曜日に組む様に

まずは下拵えから始めます。



13号機シリンダーヘッド下拵え (2)サクサクッとバルブスプリングを

シリンダーヘッドにセット。





13号機シリンダーヘッド下拵え (3)インシュレーターを取付けて

EXスタッドボルトは

強化スタッドボルトを

セットしてみました。

13号機シリンダーヘッド下拵え (4)作業用リフトが空いたので

13号機を不動車コーナーから下ろして

エンジン搭載の準備も整いました。

水曜日にエンジンを仕上げて

後日搭載予定となる予定です。


本日のご来店&納車

今日も気温が上昇し始め、明日の天候も良くなり

いよいよシーズンを迎えれる感じになって来ましたねぇ。

180310本日の納車 (1)そんな感じでタイミング良く

本日の納車1号は茨木D号

総LED化とヘッドライトのH4バルブ化で

消費電力を抑える仕様が出来上がりました。

180310本日の納車 (2)続いての納車は三重U号。

エンジン466ccでヨシムラキャブが届くまで

我慢のノーマルキャブでしたが

今日からフルパワーになります。

扱い方がノーマルキャブと違うので、慣れるまでは気を付けて下さい。

三代目号点検 (1)続いてのご来店は三代目号

クラッチの切れが悪いので

点検調整にご来店したのですが

調整してもクラッチの切れは悪く

プレートの歪が原因の可能性が大きいので

次回のオイル交換に合わせて、クラッチ交換の予定です。

三代目号点検 (2)電圧もバッテリーとメーター間で

約1Vのロスがあるので

三代目号で唯一のアナログ箇所である

ヒューズボックスを交換する事にしました。

三代目号点検 (3)GOP製サーキットブレーカーに交換。

これでまた三代目号の

アナログ箇所が減りました。

オーナー曰くTMR-MJNのパワーに

振り回されているので、慣れるまでお山は怖いとの事でした。


試運転

スイングアームの交換と点火系をウオタニに交換した大阪H号の

大阪H号試運転180310 (1)試運転に出掛けようと思って

暖気していたらガス欠になったので

取合えず給油して試運転に出ました。



大阪H号試運転180310 (2)ミスファイヤーも減り

ストレス無く走るので

セッティングも問題無いと思います。

レブリミットも11,000ちょっとで設定してます。

14号機試運転180310 (1)続いて14号機の試運転。

やっぱりノーマルエンジンには

MJが大きい様なので、付属のMJの

一番小さい物に交換した方が良さそうです。

14号機試運転180310 (2)取合えず何時もの所まで走って

初走りの記念撮影。

スタイル的にこの仕様は

カッコイイネ!

エンジン腰上O/Hしたまま放置してた1号機もやっと出動するので

1号機試運転180310その前に試運転をして置きます。

やはりTMR-MJN32Φは

一筋縄では行かないキャブです。

店に戻る数百メートル手前で

カブってしまいました・・・

明日はエンジンをカブらせない様にしないと。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔