2018年01月23日

レオ爺さん3

今年で14歳になる我が家のレオ爺さんも
血液検査の結果が悪く、レオ爺さんの調子が悪い。
今日も朝から動物病院へ行って検査をしてます。
保険が無いので激しく検査費、治療費が掛かりますが
家族なので仕方ないですね。
最近ではソファーに飛び上がる事も出来なくなっており
レオ爺さんは僕の手足をコリコリと手でかいて合図し
ソファーに上げろと命令するようになりました。
そして血液検査も終わり病名が判明!
犬にしては珍しく「橋本病」だった。
薬が効けば良いんだけどなぁ。


13号機用エンジンブラスト三日目

気温が低くて水が冷たいので、ブラストも辛いのですが・・・

13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (1)今日はシリンダーヘッドの

再ブラストから始めます。

以前一度ブラストをしてあるのですが

良否判定程度のブラストなので

13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (2)しっかりと仕上げてから

何時ものリタップ掃除をやってしまいます。

ヘッドカバーのトルクチェックをすると

2箇所ねじ山上がりがあったので

13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (3)リコイルで修正しました。

このトルクチェックでOKでも

実際に組付ける時に

アウトになる事もあります。

13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (4)シリンダーヘッドの歪測定も

ついでにやってしまいます。

ヘッドは許容範囲内と言う結果でした。



13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (5)ついでにシリンダーも歪測定をした所

何とまぁ・・・





13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (6)0.10mm以上の大歪でした。

ボア径もダメで歪測定でも

残念なシリンダーでした。



13号機シリンダーヘッドブラスト&測定 (7)ブリーザーカバーもブラストをしてから

臓物関係を少しだけ

似非WPC仕上げを済ませました。

後はミッションのO/Hなどを終わらせて

クランクメタル測定を済ませれば、内燃機加工送りになります。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔