2018年01月15日

今月のGB3

今月の月刊誌Mr.Bike BGに
ヨシムラミクニTMR-MJNの
特集記事が記載されてました。
思えば2年以上前にヨシムラジャパンに電話し
営業担当の方と話をして適当にあしらわれ
しれでもしつこく技術開発の方と話をしているタイミングで
FCRの値上がりがあった事を話をすると
それは知らなかったらしく、そこから最終的に川口さんと
前向きに話を進めますと言う事になり
やっと此処まで来た!と言う事なのですが
僕だけのネゴだけじゃなく、最終的にフォアオーナーからの
問い合わせや要望もドンドン多くなってきたと聞いてます。
雑誌にはその内のオーディエンスの一人にしかなっていませんが
SHIO HOUSE 塩畑さんの車両提供の協力があったからこそ
実現出来たのだと思います。
値段は予想よりも高かったのですが
僕が持っている32Φではセッティングが出なかったし
開発に苦労していたのは事実なので、仕方が無いでしょうね。


むらさきいも退治

飲むとサラサラ血になるという「むらさきいも」を退治。

むらさきいも退治これを飲んで血行が良くなり

体調も良くなるのかと期待していたのですが

首の痛みや、頭痛、めまい、肩の痛み

今は右下肢の麻痺と足首の痺れや麻痺が

全然治らないので、息子に電話で聞いたら

頭痛と下肢の麻痺は関係無いと言われました・・・

嫁は「もう右足が腐ってきとるから、切ってしまえ!」と言う・・・

「切って義足付けた方が楽やで、足も曲がるしなぁ」

ターミネーターの足僕はその言葉に

義足ならバックステップに足が置けるので

右のバンク角が増えるなぁと

その気になってしまった・・・

義足を作るとすれば

やっぱりこのタイプがええかなぁ。

今の義足は結構かっこいいから、悩むなぁ・・・


レクサス洗車と乗換えの商談

昨日レクサス枚方へ今年初の洗車に行ってきました。

レクサス洗車と乗換えの商談 (1)購入してから早くも3年経ち

担当の廣田さんから乗換えの提案があり

今後のランニングコストと

乗換えとの比較を計算してもらう事になり

レクサス洗車と乗換えの商談 (2)マイナーチェンジしたNX300hの

見積もりを作って貰いました。

車体価格が少し上がっているけど

その分安全性能も向上している

レクサス洗車と乗換えの商談 (3)誤発進抑制機能や人を検地し停止したり

車線のふらつき防止など

車体の剛性も上がりモニターが大きくなって

当然より良くなっていたけど

帰ってから家族会議をした結果、残念ながらこのまま乗る事になった。


船中八策と対戦開始

昨晩から痛み止めが割りに、超辛口の「船中八策」と対戦開始!

船中八策と対戦開始嫁は、坂本竜馬がどうのこうのと言ってたけど

さっぱり意味が伝わりません・・・

超辛口と言う事でしたが、飲むと

そんなに辛口でもない感じ?

僕には丁度良いかもねw


13号機用キャブレター分解

フレームもほぼ出来上がったので、次にキャブレターの準備。

13号機用ブレーキパネル仕上げ (1)その前にブレーキパネルに

リビルドしたブレーキシューをセットして

ブレーキパネルを完成させました。

これでハブ関係は完成しました。

13号機用キャブレターOH分解 (1)で、純正キャブのO/Hに取掛かります。

パット見る限りフロートチャンバーは

液体ガスケットがこってりと

塗られている感じですね・・・

13号機用キャブレターOH分解 (2)案の定フロートチャンバーには

こってりと液体ガスケットが塗られ

プラハンで叩かないと取れなかった・・・

ねじ山上がりが3箇所ありました。

13号機用キャブレターOH分解 (3)取合えず分解完了。

恐らく分解してから使ってない感じですが

部品は中古品のままのようですし



13号機用キャブレターOH分解 (4)スロットルバルブのリンクアームは

ポッキリと折れてました・・・





13号機用キャブレターOH分解 (5)ステープレート側のリンクアームは

左右逆に取付けられていました。

ここでコストを掛けると

全体の費用が上がってしまいますが

13号機用キャブレターOH分解 (6)キャブが肝心なので仕方ないかなぁ。

取合えず全バラして洗浄。

やっぱりインナーパーツは

全部交換ですね。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) Custom Paranoia | キャブレター

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔