2018年01月05日

14号機キャブ待ち3

店の中は既に動いてますが
お正月の期間中に多いパターンで
普段利用しているバイク屋さんが休みで
飛び込みで全然関係の無い原チャリがやってくる事があり
その度に手が止まる事が多くあります。
そう言った理由から本営業を1月11日からにしています。
フォアのご相談なら全然問題無いのですが
そう言った方がご来店された場合でも
それなりに対応をするのも仕方の無い事で
困っている方を見捨てる訳には行かないですからね。
ならば、シャッターを閉めたり、半開きにしたりして居た方が
面倒じゃないと言う結論になったのです。


大分縣と対戦開始

大分と言えば麦焼酎、昨晩から対戦を始めたのは

大分縣と対戦開始大分の老舗ブランドのブレンド焼酎で

アルコール度数34度の兵です。

琥珀色した麦焼酎には珍しくコクがあり

中々飲み応えのある焼酎です。

これも三日で退治予定です。


闇を抱えたエンジンヘッドポート研磨三日目

小雨が降り寒い今日は、自由人君もサボリかと思っていたら

闇を抱えたエンジンヘッドポート研磨三日目ちゃんと定時に出頭して来た自由人君。

この時期リューターもキンキンに冷えるので

手がかじかんで作業も辛いと思いますが

闇を抱えたエンジン再生の為に

今日も強制労働に励んでます。


14号機電装関係仕上げ

当時物ヨシムラ機械曲げマフラーは今

ヨシムラ機械曲げ穴空き底に穴が開いてしまったので

修理に出しており

取付けが出来ません。



14号機電装関係と配線処理 (1)で、今日の作業は電装品関係の

整線などをメインに作業します。

IGCを取付けて、テンプメーターの

配線ルートを決めて

14号機電装関係と配線処理 (2)ETCの余った配線を綺麗に纏めて

ツールボックスに収納します。

ヘッドライトリレーを何処にぶら下げようかと

今悩んでいる所です。

14号機ETC配線整線とりあえずETCをツールトレイに入れ

余った配線は丸めて収納・・・

ヘッドライトのリレーも固定する場所が

見つかったので固定してバッテリーを接続。

14号機ツインリードバルブレデューサー取付けヨシムラミクニTMR-MJNは

サイドリンクになるので

ツインリードバルブレデューサーを

装着してみました。

14号機ドライブチェーンと砂型スプロケットカバー (1)RKの薄型530ドライブチェーンを

カシメて取付け調整。





14号機ドライブチェーンと砂型スプロケットカバー (2)L側のカバーを装着

これもまた貴重な

砂型スプロケットカバーです。



14号機エンジンオイルエンジンオイルはモチュール3000 plus

100%鉱物油になります。

今の所このオイルを使って

問題はありませんが

1件クラッチが滑ると言う報告がありました。

14号機灯火系チェックイグニッションを入れて

保安部品、灯火系をチェック。

全然問題無しですが

LED化したいかなぁ

キャブやマフラーは付いてないけど、ついでに実圧縮圧力を測定

14号機実圧縮圧力測定 (1)14号機実圧縮圧力測定 (2)







#1.2は1.05Mpaと少し高めでした。

14号機実圧縮圧力測定 (3)14号機実圧縮圧力測定 (4)







#3.4も高く1.10Mpaと言う結果です。

14号機マフラー&キャブ待ち398専用0.5mmOSピストンを

入れたので実圧縮が上がったかな?

ハイオクにするかレギュラーにするか

迷う所ですが、恐らく慣らしが終わる頃には

実圧縮も下がって安定すると思います。

これで14号機は不足部品の入荷待ちとなりました。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) レストア | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔