2017年12月29日

仕事納め3

2017年最後の通常営業日となりました。
店にはバラバラのエンジン3基と
レストア中の車両1台、修理予定車両1台
レストア予定フレーム2台、腰上O/H中車両1台があり
作業スペース的にもキツイ状態なので
お正月休み中に少しでも作業を進めて
仕上げてしまう予定にしているので
長めの冬期休暇となっております。


1号機腰上O/H二日目

白煙の原因も分かり、念の為に用意したバックアップパーツがあるので

今日中に1号機を復旧させる予定で作業開始。

1号機シリンダーヘッド下拵え (1)まず今日はシリンダーヘッド燃焼室の

カーボン除去作業から開始。

その間にクランクケースの掃除を

済ませたりと時間を有効に使い

1号機シリンダーヘッド下拵え (2)燃焼室のカーボン除去が完了しました。

ついでに1号機も2018年仕様にしようと

キャブをFCRからTMR-MJN32Φにします。

結果毎年エンジンをO/Hしてるけど

2017年はピストンクーラーを取付けたので

車両のエンジンブロー率が下がった事も確かな事だと思います。

1号機腰上OH二日目 (1)さて次に

バックアップ用シリンダーを取出して

機械油を洗浄して組立ての準備に

取掛かります。

1号機腰上OH二日目 (2)ピストンはアゲイン57Φを使用するので

排気量は510ccですね。





1号機腰上OH二日目 (3)ピストンリングをセットして

ピストンをコンロッドにセット

ここからは一気に作業が進みます。



1号機腰上OH二日目 (4)はい!ヘッドまで搭載完了!

アゲインハイカムst2も搭載完了です。

ヘッドのねじ山上がりの修正をするのを

忘れていたのですが

そのまま組み付けた結果、2箇所増えて合計4箇所ねじ山上がりです・・・

1号機腰上OH二日目 (5)今日中に火入れするつもりなので

昼ごはんも食べずにここまで完成。

あと一息で火入れです。



1号機腰上OH二日目 (6)マフラーを取付けて

TMR-MJN32Φを取付けて

一先ず完成です。



1号機腰上OH二日目 (7)#1の実圧縮圧力を測定すると

あれ?1.7Mpaって?

これは何かの間違いかと思い

慌ててセルボタンから手を離した・・・

1号機腰上OH二日目 (8)で、他も測定してみると・・・

同じく1.7Mpa!

あっかーん!これは壊れる奴や!

そんなはずは無いと

1号機腰上OH二日目 (9)1号機腰上OH二日目 (10)







全部を測定すると、綺麗に揃って1.7Mpaだったので

これは何かの間違いであって欲しいと現実逃避しながら

圧縮が高過ぎてセルが回らないかも知れない・・・

エンジン始動と同時に爆発するかも知れない・・・と考えつつ

1号機腰上OH二日目 (11)とりあえずBRISKのプラグを入れて

暫くすれば実圧縮も下がるだろうと

ポジティブに考えて火入れの準備。



1号機腰上OH二日目 (12)もし万が一エンジンが爆発した時の為に

後ろの入り口ガラスを守る為に開放。

横の14号機にもカバーを掛けて

エンジン始動にチャレンジしてみた。

意外とセルは回ったので一安心だったのですが

中々エンジンが掛からないので少し焦りましたが

1号機腰上OH完了火入れ (1)無事にエンジンに火が入り

1号機は2017年中に無事復活!

2018年早々にブローしそうな

予感はありますが・・・

1号機腰上OH完了火入れ (2)なるべくその期待通りにならない様に

大人しく乗る事にします。

とりあえずアイドリングとブリッピングで

エンジンを温めながら異音チェックしましたが

大丈夫そうなので、組付けペーストをしっかりとピストンに塗ってあったので

きっとそれで圧縮が高くなっているんだと思う事にします・・・


本日のご来店

年末のご挨拶がてら、転勤先から帰省して来た某青い方。

171229本日のご来店本当はセルモーターのカーボンブラシを

交換作業のご依頼だったのですが

丁度1号機の作業で手を離せなかったので

次回に前もって連絡をしてから

ご来店する段取りで帰ろうとした所、エンジンは掛かるが吹け上がらない・・・

「それバッテリーが死んでるよ・・・」と言う事でバッテリーを交換して

無事に帰宅となりました。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔