2017年12月24日

闇を抱えたエンジン再び3

今年の年末は29日で仕事納めですが
年明けからの本営業は11日からの予定になってます。
実際には3日から店の中で
作業はしていると思いますので
7号機をご覧になりたい方は
お電話などを頂ければ対応可能です。


クリスマスプレゼント

弟の為にハイエースのオイル交換の作業がやり易い様にと

弟へのクリスマスプレゼントハイエースをジャッキアップしなくても

オイル交換が出来る様に

スロープを購入しプレゼント。

これでハイエースのオイル交換作業が

少しでも楽になるね!サンタさんに感謝して来年早々オイル交換をしてみましょう。

ブログNG車エンジン塗装完了そしてブログNG車両の

エンジン塗装が終わり戻って来ましたが

作業に取掛かるのは部品を持って来ないので

来年の何時になるかさっぱり分かりません。


14号機フレーム組立て四日目

ほぼフレームの組立てと電装関係の取付けが終わった14号機。

14号機ブレーキエアー抜きバッテンキャリパーに

ブレーキフルードを入れて

エアー抜きも終わりました。



14号機フレーム組立て完了後はエンジンの塗装が終わるのを

待つだけの状態になりました。

ヨシムラミクニTMR-MJN

純正エアークリーナー仕様第一号車。

14号機の残骸なので完成は来年中旬以降になります。

そしてこれが元14号機の残骸達。

ここから使える部品と捨てる部品を分けて

また宝物庫行きとなります。


闇を抱えたエンジン分解

6月末に納品した闇を抱えたエンジンが今度は

闇を抱えたエンジン再び (1)バルブの傘が折れ

エンジンブローして戻ってきた。

トラブルとしては避けようの無い

レアなトラブルだが、ダメージが大きい・・・

闇を抱えたエンジン再び (3)まずは現状を把握する為に

分解作業に取掛かり

ダメージがどの範囲までなのかを

チェックする所からです。

闇を抱えたエンジン再び (4)梱包を外すと#2のOUT側バルブの

傘が折れてかなり中で暴れて

ピストンに穴が開き

キャリロのコンロッドにも打痕があります。

闇を抱えたエンジン再び (5)一番心配なのはコンロッドのダメージ。

代えのヘッドはポート研磨からです。

ピストンの残骸がクランク内にも

入り込んでいるので

ベアリング関係は全部交換になります。

闇を抱えたエンジン再び (6)ピストンクーラーのノズルが

中から落ちてきたので

#2のノズルだと思います。

真鋳なので簡単に折れます。

闇を抱えたエンジン再び (8)キャリロのコンロッドボルトが

ケースに当たって変形してしまってました。

苦労しましたが何とか取外しに成功!

ボルトは交換確定です。

闇を抱えたエンジン再び (9)クランクケースが割れなくて良かった。

普通のコンロッドなら

このエンジンからもチンコが

飛び出ていたと思います。

折れたピストンクーラーのノズル取れるかな・・・

闇を抱えたエンジン再び (10)取合えず分解は完了しました。

細かい部品のダメージをチェックして

洗浄して、オーナーと相談しながら

組立て準備に掛かります。

闇を抱えたエンジン再び (11)キャリロのコンロッドを定番の上で

ダメージをチェックしてみましたが

流石キャリロ!本体のダメージはありません。

打痕は気になるけどボルト交換だけで

闇を抱えたエンジン再び (12)このまま使っても大丈夫だと思います。

折れたピストンクーラーノズルの

残りを無事に摘出出来ました。



闇を抱えたエンジン再び (13)そのまま新しいピストンクーラーの

ノズルをセットして

問題は一つ解決出来ました。

コンロッドボルトの入荷が

何時になるのか分からないので

僕が使う予定だったキャリロのコンロッドから取外して先に使う事にしました。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔