2017年12月12日

案の定手のひら返し3

単純な事故なので簡単に話が進むと思っていたのですが
事故の相手側が案の定手の平を返すように
自分が加入している保険会社に対して
治療費も物損も認めないとごねだしましたが
相手の自賠責保険で120万円までは問題無く使えます。
任意保険に関しては、加入者が認めない限り
保険会社が過失割合によって支払う意思はあっても
支払えない状況となりますが
相手が穏便に済ませる気が無いのなら
ここから出番となるのが弁護士になります。
これも弁護士特約と弁護士費用特約に入っているので
問題なく弁護士にお願いする事が出来ます。
僕が以前から言う様に
事故が起きた時から裁判になると言う気持ちで
目撃者の確保や事故発生場所の写真を撮影し
裁判に備えるつもりぐらいの心構えでいるようにしましょう。
暫く時間は掛かるでしょうが徹底的にやります。


marugo号組立て作業五日目

熱は何とか下がってきたのでインフルエンザじゃなかったかなと?

marugo号ゴールドドライブチェーン (1)まず今日はmarugo号オーナー拘りの

ゴールドチェーンを取付けます。





marugo号ゴールドドライブチェーン (2)カシメて取付け完了です。







ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (1)次に電装部品の配線を

仕上げて行きます。

まずはヨシムラのマルチテンプメーター

配線完了です。

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (2)次にETCの電源ラインに

ホンダ用サイズのギボシを打って

ハンダ上げしてイグニッションONの

電源ラインに割り込ませます。

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (3)最後にウオタニの配線。

これを端子上げしてカプラーに差込み

整線して仕上げます。



ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (4)カプラー用ギボシをカシメて

これもハンダ上げして

カプラーに差し込みます。



ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (5)これで配線関係の末端処理は完了。

後はシリコンコードを接続したら

ウオタニの配線は完了です。



ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (6)ホーンを付けようと思ったら

配線を纏める為のクランプが

最初から無かったので追加して

ハーネスバンドでハーネスを

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (7)纏めればOKです。

取付けるとこうなりますね。

この部品が付いてないのは

ちょくちょくあります。

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (8)ウオタニのIGCをセットして

シリコンコードの長さを合わせ接続。

これで電装関係の作業も

完了しました。

marugo号オイルパン取付け (1)オイルパン、オイルフィルターを

取付けて、下回りの作業も

これにて終了。



marugo号ステップ組付け (1)再塗装したステップも組込み完了。

明日にはエンジンガードも含めて

マフラーも取付ける予定です。

今日は姫の事故対応で

相手方保険会社のアジャスターが中途半端な時間に来たので

今日はここまでで終了。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) レストア | 電装品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔