2017年09月21日

普通は見えたらダメ3

先日の事、嫁が店に来た時に
「なぁ、サニトラの後ろに座ってた白髪のおっちゃん誰?」
と言うので、「そんな人おらんで?」
「えー、絶対居ったからビデオで確認してー」
と言うので防犯カメラの画像をチェックしたけど
誰も映って無かった・・・嫁は「えー・・・居ったでぇ・・・」と言うが
ビデオに映って無い物は仕方がない。
白髪頭のおっさんは、あの人ぐらいしか居ないので
有体離脱して遊びに来たんかなぁ・・・
誰かは分からないけど、多分普通に見えたらダメな人が
たまたま見えただけじゃないか?
と言う事で、この話は終わった・・・


天井改修工事第一弾終了

先日遅くまで掛かって仕上げてもらった天井。

CP店舗天井改装工事第一段階完了 (1)おかげさまで綺麗に仕上がりました。

本当に有難う御座います。

これでビニールハウス状態から開放され

エアコンもよく効き快適なPITになりました。

CP店舗天井改装工事第一段階完了 (2)そして今朝出勤してみると

今までと違い店内は真っ暗だった。

こんなにも違うんだと改めて思いました。

後は銀ちゃんにお願いして

天井をペイント仕上げしてもらうだけとなりました。


山形O号部品入荷からの火入れ

予定通りハブ、ホイール関係の純正部品が入荷して来ました。

山形O号足回り部品入荷ホイールハブベアリング

リテーナー、ダストシールや

前後ホイール用純正スポークも

入荷して来たので早速。

山形O号ハブ組立て (1)フロントハブにベアリングを圧入







山形O号ハブ組立て (2)リアハブにもベアリングを圧入し

スプロケットダンパーも

新品を圧入しました。



山形O号ハブ組立て (3)ベアリングリテーナーと

ダストシールを入れて

ハブの組立ては完了しました。

後はホイールが再メッキから戻って来れば

スポークを組んで、タイヤを入れれば足回りの作業は終了です。

前後のアクスルシャフトの部品も一部不足部品があった・・・

山形O号マフラー取付け (1)さて、EXジョイントガスケットも

入荷してきたので

早速マフラーを取付けます。



山形O号マフラー取付け (2)これで火入れの準備に取り掛かれるので

エンジンオイルを入れて

クランキングをして

火入れの準備を進めようと準備。

山形O号火入れ準備 (1)エアークリナーボックスの

蓋が無いので





山形O号火入れ準備 (2)BRCのリプロ品を使いました。

ツールケーストレイと蓋もないので

同じくBRCの物を使用。

バッテリーバンドも無いわ・・・

山形O号火入れ準備 (3)キャブにガソリンを流し込んで

同調調整の準備まで整いましたが

バッテリーの準備をしてなかった・・・



山形O号バッテリー充電中大急ぎでバッテリー液を入れて

充電開始・・・

充電が終わるまでしばらく

他の事をして時間つぶして・・・

山形O号実圧縮圧力測定バッテリーの充電が終わったので

クランキングがてら何時もの

実圧縮圧力の測定

平均1.0Mpaでした。

山形O号エンジン火入れ調整 (1)エンジンもさらっと

あっけ無く始動w





山形O号エンジン火入れ調整 (2)点火時期を調整。

バキューム圧は揃っているけど

少し低いので調整。



山形O号エンジン火入れ調整 (3)ここでかなり苦労しました。

エンジンの調子も良い感じです。

ここで保安部品のチェックが出切る物を

チェックしましたが

山形O号ホーン故障ホーンが鳴らない事が判明・・・

バッテリーに直接繋いでみたけど

やっぱり鳴らないので

このホーンはご臨終です。

山形O号発電不良 (1)次に一番怪しい発電のチェック。

案の定発電不良だった。

さて発電不良の原因箇所は?と



山形O号発電不良 (2)一番怪しい腐ったレクチファイアーを

レギュレートレクチファイアーに交換して

チェックしたけど余り変化しないので

恐らくステーターコイルがダメなんだろうなぁ・・・


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) Custom Paranoia | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔