2017年08月25日

1号機改造申請3

今月28日に車検が切れる1号機の
改造申請を出しているのですが
鬼の寝屋川陸運事務局の
厳しい審査で追加の書類を提出せよと言われており
今日改造申請が出来上がる予定だったのが
来週になってしまったので
今ツーリングに誘われても何処にも行けません・・・
年々厳しくなる車検に対応する為にも
お店のバイクとしてこのまま違法改造車に乗る訳にも行かず
今回の車検のタイミングで改造申請をする事にしました。
これで違法改造車両では無くなります。
他の車両も随時改造申請を勧めて行くつもりです。


京都H号クラッチ分解チェック

試運転の時にオーナーが申告していた症状は確認出来ませんでしたが

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (1)何気にクラッチには違和感があるので

分解してチェックする事にしました。

まずはエンジンオイルを抜いて

クラッチカバーを外す準備。

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (2)バックステップも取外すのですが

アゲインの旧タイプで

キックが使えない物ですが

本来入るべきカラーが入ってません。

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (3)本当なら内側にこのカラーが入り

カラーが入れば

ステーの向きも逆になります。



京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (4)キックを外すとオイルシールが変形して

オイルが滲んでいるので

これもついでに交換しましょう。



京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (5)クラッチカバーを外すと

問題のポジティブストッパーが見えます。

どうやら予想通り折れている感じですね。



京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (6)ガスケットを剥がすとはっきり見えて

やっぱり折れてました。

これならシフトアップでギヤー抜けするのは

理解出来ますねぇ。

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (7)折れた先端をカメラを入れたり

マグネットを入れたりして

検索しましたが見つかりません。

マフラーを外してオイルパンを外して探すより

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (8)諦めて素直にリメイク品と交換した方が

コスト的にも安いので

今回は折れた部分の回収を諦めて

交換完了です。

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (9)ピンの磨耗もそこそこあったので

ピン交換と、ツメを溶接した物に交換。

ガスケットも当然新品に交換して

復旧作業に取掛かります。

京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (10)キックシャフトのオイルシールも

取外して、新しい物に交換しました。





京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (11)クラッチカバー復旧完了。







京都H号クラッチチェック、ポジティブストッパー交換 (12)これで後はオイルを入れて

試運転チェックで完成になります。

原因が予想通りで良かった。

これで原因がポジティブストッパーの

破損じゃなかったら、勿体無いですからねぇ。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔