2017年08月11日

夏季休暇の営業3

【夏季休暇の営業について】
気が付けばもう今日からお盆休みに入ってました。
このお盆休みの営業は、通常通り営業致します。
お盆休み明けの代休も特に考えていないので
多分通常通りに営業するつもりではいますが
予定は未定です。


街道レーサー号T号中規模修繕

オイルパンのねじ山上がりとクラッチの交換に合わせて

キャブの分解チェックの為に朝一からご来店。

街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (1)朝方は少し雨が降ったので

少し心配でしたが

何とか持ちそうなので作業開始。



街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (2)まずはクラッチが切れないので

プレートの歪みが原因で

切れないような症状だと判断して

クラッチの交換作業から。

街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (3)クラッチを分解して洗浄し

部品をチェックをすると

クラッチセンターカラーに傷があり

本体にも傷が入ってます。

これはミッション系統の油圧が不十分な事、油膜切れなどが原因でこうなります。

まだ症状は軽いのでこのまま使う事にして組立て。

街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (4)次にオイルを抜いて置いたので

オイルパン本体の交換。

単純にドレンボルトの

ねじ山上がりの為交換です。

街道レーサーT号クラッチスイッチ取付け不在のクラッチスイッチも

取付けたので、これで一々

ニュートラルに戻さなくても

エンジンが掛けれます。

街道レーサーT号キャブレター取外し (1)キャブレターも不安なので

取外して中身のチェック。





街道レーサーT号キャブレター取外し (2)フロートチャンバーのOリングは

液体ガスケットを塗られてました・・・





街道レーサーT号キャブレター取外し (3)油面もバラバラ・・・







街道レーサーT号キャブレター取外し (5)スロージェットは#38が

使われているので、薄いだろうと思うので

#40に交換します。



街道レーサーT号キャブレター取外し (6)とりあえず在庫が無かったので

テスト用キャブに交換して

エンジンオイルは硬めの鉱物油100%

モチュールの3000を入れました。

街道レーサーT号IGC交換 (1)一旦ご帰還なされたのですが

やっぱり調子がよろしく無いと言うことで

出戻りとなり、調べると#2.3のIGCが

怪しいと言う事になり

街道レーサーT号IGC交換 (2)IGCを純正タイプに交換しました。

エンジンを掛けると機嫌が良くなった

感じでしたが、プラグをチェックすると

真っ黒でダメだったので交換となり

それなりに落着いてくれました。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0)エンジン | キャブレター

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔