2017年05月22日

CP特別仕様3

怒涛の5月も後10日程となり
やっと先が少し見えて来た感じです。
仕事は全然進んでませんが・・・
週末の天気も雨男と晴れ男のバランスが良いのか
天気は間を取って曇りになってます。
まぁきっと晴れると思うけど。
お守りレインタイヤの準備も整いました。


宝山退治

宝山退治何時もより少しピッチを上げて

昨晩「宝山」を退治しました。

水曜日血液検査なので

今晩から禁酒すます。


ジャイアン号ハンドルスイッチ交換

昨日、別のハンドルスイッチを持参してジャイアンがご来店。

ジャイアン号ハンドルスイッチ手直し (1)これを交換して車検を受けるだけですが

中古品なので念のため

配線を接続して動作をチェックしてみます。

サクサクッと配線を接続

ジャイアン号ハンドルスイッチ手直し (2)今度はちゃんとヘッドライトも

ホーンも鳴るようになりました。

ハンドルを取外してハンドルスイッチの

交換作業を始めます。

ジャイアン号ハンドルスイッチ手直し (3)交換完了!

これでジャイアン号は残す所

タンクの塗装と新規車検だけとなりました。

その間は不動車コーナーへ移動となります。


三重U号エンジン仕上げ作業

昨日はエンジンを搭載しただけで作業が終わってしまった

三重U号エンジンハンガーバフ掛け (1)三重U号の仕上げ作業に取掛かります。

その前に気になるこの腐食した

アルミエンジンハンガー

エンジンが綺麗なのにこれはミスマッチ。

三重U号エンジンハンガーバフ掛け (2)アルマイトと腐食した部分を

ウエットブラストで剥がし取りました。





三重U号エンジンハンガーバフ掛け (3)そしてバフ掛け。

腐食して凹んだ所は

どうしようもないのですが

見た目は多少良くなったと思います。

三重U号エンジンハンガーバフ掛け (4)エンジンハンガーボルトも

適当な短い物が付いていたので

アゲインから専用ボルトを取寄せました。



三重U号エンジンハンガーバフ掛け (5)三重U号エンジンハンガーバフ掛け (6)





取付け。

こんな感じで勘弁してください。

三重U号L側仕上げ (1)L側から仕上げ作業をしていると

今日鈴鹿サーキットに走りに行っている

尾張チームからマシーントラブルの

メッセージ対応や部品の手配やらで

三重U号L側仕上げ (2)すっかり時間を取られてしまいましたが

それでもL側は完成しました。

ACGカバーはどうやらバフ掛けされた後に

クリアーを塗装されている感じで

それが熱で黄ばんでいるんだろうと思うんだけどどうしようかなぁ・・・

三重U号R側とオイルパン (1)そう言えばクラッチカバーなどのボルトは

ステンレスの六角穴付きボルトだったのを

思い出してサイズを計ったけど

全体的に5mm短いので

三重U号R側とオイルパン (2)純正+ナベビスにしました。

この調子で作業が進めば

今週中には火入れが出来るはず。



三重U号R側とオイルパン (3)オイルパンとオイルクーラー取出しの

サンドイッチブロックをセット。

セパハンのブレーキもオーナーと相談して

社外ブレーキマスターを装着する事にしました。

三重U号アゲイン特注オイルクーラーアゲイン小型オイルクーラーキット

CP特注仕様を発注し取付けました。

CP特注仕様は上入り、上出しになってます。

これは冷却効率を上げる為の特注仕様です。



peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 電装品 | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔