2017年04月11日

ヨシムラ手曲げマフラー達3

今週の日曜日に開催される
徳島絶版バイクミーティング。
今の所天気は微妙ですが
まぁ変わりやすい感じだし
何とか日中だけでも晴れれば良いのですけどねぇ。


ヨシムラ手曲げマフラー修理完了

京都のI様とS様からご依頼を頂いていた当時物ヨシムラマフラーの

ヨシムラ手曲げ修理完了修理と耐熱塗装が終り

パウダーコートカトーさんから戻ってきました。

今週末、土日はイベントの準備と

イベントに参加予定になりますので

臨時休業を予定していますので、それ以外ご都合の良い日にご来店下さい。

ジャイアン号用ヨシムラ手曲げ修理開始 (1)ジャイアン号用ヨシムラ手曲げ修理開始 (2)
















かなり酷い状態のジャイアン号用ヨシムラ手曲げも

修理に取掛かっております。


三重U号用代替部品などの測定

クランクとミッションのカウンターシャフトがNGなので

三重U号用代替クランクとカウンターシャフト (1)宝物庫を探して程度の良い状態の

代替用クランクとコンロッドのセットを

探し出してきました。

クランクとコンロッドはセットの方が

一番良いので、このセットでメタル測定をしてみます。

三重U号用代替クランクとカウンターシャフト (2)ミッションも同じく状態の良い物を

準備しました。

これを組替えて使う事にしようと思ってます。



三重U号用代替クランクとカウンターシャフト (3)そう思って代替のカウンターシャフトを

分解してみたら・・・

こっちの方が酷く焼き付いていた。

くそっ!また宝物庫を探さないと・・・

三重U号クランク、コンロッド測定 (1)代替のクランクメタル測定を開始。

諸般の事情で今回から導入した

デジタル式マイクロメーターを使います。



三重U号クランク、コンロッド測定 (2)おぉ!すげぃ!!

もうこれで老眼鏡を使いながら

メモリを読む事も無くなりました・・・



三重U号クランク、コンロッド測定 (3)全ての測定が終り

オリジナルのクランクケースに

このクランクが使える物だと確定です。

後はカウンターシャフトをもう一度探します。

三重U号シリンダー測定 (1)さて次は前日から溶剤に漬けていた

シリンダーのベースパッキンを剥がします。

どうやらこのベースパッキンも

使い回しされているようです・・・

三重U号シリンダー測定 (2)溶剤に漬けてあったので

剥がしにくいベースパッキンも

ペロンっと綺麗に剥がせました。

シリンダー上面をサッと磨いて

三重U号シリンダー測定 (3)歪み測定を実施。

測定結果は許容値内なので

面研ナシでこのまま使います。



三重U号シリンダー測定 (4)シリンダーボア径の測定。

基準値51.00〜51.01、使用限度51.1に対して

測定結果は51.05〜51.06と言う結果。

基準値は超えており

使用限度まで0.4〜0.5と言う結果です。

ピストンもごちゃ混ぜ状態なので

やはりオーバーサイズピストンにした方がベストかな。

三重U号シリンダーヘッド測定 (1)次はシリンダーヘッドの測定準備。

下面を綺麗に掃除して

測定準備が整いました。



三重U号シリンダーヘッド測定 (2)シリンダーヘッドの測定結果は

これも良好で歪みナシ!

両方共面研ナシなので

費用的に2万円以上はお財布に

優しい結果になりました。



peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)エンジン | 部品

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔