2017年03月24日

ジャイアン号復活への道その163

昨日から急に右腕のヒジ関節が
何かの拍子に腕を曲げ伸ばしすると
激しく痛い・・・
腕をひねった覚えも、何も無いのに・・・
エンジンどーん!出来るかが心配です。


祝い酒二本勝負極の黒紫芋退治

二本勝負の一本目「極の黒紫芋」と昨晩も対戦。

祝い酒極の黒紫芋退治退治するのは今晩にしようかと

思っていたのですが一杯目をコップに注ぐと

残りはコップに1/3程度だったので

そのまま対決を続行して

結局、三日で退治してしまいました。

なので今晩から祝い酒二本勝負の二本目と対戦予定です。


特命Y崎号ポート研磨二日目

今日も自らちゃんと出頭して来た自由人君の強制労働。

特命Y崎号用シリンダーヘッドポート研磨二日目特命Y崎号エンジンポート研磨二日目。

サーキットやストリートで

楽しく走れる仕様で削ってます。

出来上がりの違いは歴然と分かるはずです。


ジャイアン号エンジン組立て

内燃機加工から仕上がって戻ってきたジャイアン号エンジンとディスク。

ジャイアン号内燃機加工完了早速洗浄して組立ての準備に取掛かります。

今回もクランクバランスが少々悪かった。

まぁ40年前のクオリティと今とでは

全然違いますから、エンジンを全バラしたら

ジャイアン号用ブレーキディスク平面研磨ダイナミックバランスは絶対やった方が良いですね。

フロントブレーキディスクも平面研磨が完了。

Wディスクなので2枚ですね。

これも遅ればせながら塗装に出します。

ジャイアン号エンジン組立腰下 (1)さてエンジンの組立て作業を開始

下拵えしてあった臓物を

ポイポイっと放り込んで

何時もの記念撮影。

ジャイアン号エンジン組立腰下 (2)サクサクッと腰下組立て完了。







ジャイアン号エンジン組立腰下 (4)シフト関係の具を組込んで

シフトチェンジのチェックもOK

スムーズにシフトチェンジが出来ます。

続いて腰上組立て作業に入ります。

ジャイアン号エンジン組立腰上 (1)ピストンが旧タイプのヨシムラ54φなので

ピストンリングのバックアップが無く

ピストンに装着するのにも激しく緊張・・・

無事にコンロッドに接続。

ジャイアン号エンジン組立腰上 (2)シリンダーも問題なく挿入完了。

バックアップが無いのは

本当に妙な緊張感があって

余計に疲れますねぇ・・・

ジャイアン号エンジン組立腰上 (3)次、ヘッドの仕込み

このヘッド気になるのが金型なのに

巣穴が多い事・・・

大丈夫なんだろうかと少し心配。

ジャイアン号エンジン組立腰上 (4)取合えず仕込み完了。

最終的にはCRキャブを装着するのですが

新規車検を受ける時にややこしいので

パワーフィルター付き純正キャブをセットして

ジャイアン号エンジン組立腰上 (5)新規車検を受けるのですが

CRキャブに交換すると

インシュレーターも交換になるはず。

これでヘッド搭載完了。

ジャイアン号エンジン組立腰上 (6)当時物ヨシムラハイカムst1を搭載。

明日ヘッドを増し締めして

フレームに搭載出きるかなぁ・・・

まぁ明日じっくり考えます。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔