2017年01月10日

1号機復活へ向けてその23

糖尿病の宣告から約1.5ヶ月が経ち
摂生した生活を送って、ダイエットにも励んだ結果を
今日の血液検査の結果で決まると思うと
昨晩は遠足病並に眠れませんでした。
努力したんだから結果は絶対に良い筈だと
思ってます。


1号機復活への道その2

去年の事故がまだまだ長引きそうで

相手側がバカなので、物損の協定もまだ出来ていない。

1号機蒸着メッキフェンダーなので仕方なく自腹で修理しないと

2017年のONシーズンまでに間に合わない。

割れたフロントフェンダーは

別の物を蒸着メッキへ出しました。

1号機用Nプロ風ビキニカウルカウルもNプロ風の物を購入しました。

塗装に出そうと思うのですが

何色にしようかなぁ・・・と悩んでます。

でもやっぱり黒になると思います。

1号機ハンドルストッパー交換 (1)ハンドルストッパーが曲がっており

フォークがタンクに当るので

ストッパーを交換するのが

一番手間が掛かります。

1号機ハンドルストッパー交換 (2)これが修正用のハンドルストッパーのパーツ

曲がっている物を取外して

新たにこれを溶接して取付けます。

15日に鈴鹿サーキットへ行くので

バトルファクトリーへ行ってセパハンを受取ってきます。


京都N号テールブラケットカラー

絶版部品のテールブラケットカラーのリプロ品が入荷して来たので

京都N号テールライトブラケット用カラー&ゴム交換 (1)カラーを入れようと思いボルトを抜くと

ブラケットラバーがペッタンコに潰れていた・・・

しまった!と思いよく見ると



京都N号テールライトブラケット用カラー&ゴム交換 (2)間違ってなのかワイヤーコードグロメットを

入れてあったので、在庫を探して

ゴムも交換する事にしました。



京都N号テールライトブラケット用カラー&ゴム交換 (3)マニア的な目線で見ると

他にも色々と気になる所があるのですが

余りつっ込まない様に気を付けてます。



京都N号テールライトブラケット用カラー&ゴム交換 (4)正規の新しいクッションゴムと

カラーを入れました。

ワイヤーコードグロメットが入っていたのは

恐らくパーツリストの見間違いだと思います。

京都N号テールライトブラケット用カラー&ゴム交換 (5)これでテールブラケットは

リジット状態から開放されました。

これで京都N号の今回のミッションは

ほぼ完了しました。


peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)修理 | 部品

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔