2016年11月11日

密室の故意2

今回の事故で沢山の方にご心配をお掛けしております。
今回も警察の事故処理係は
これは事故ではなく、事件だと訴えても
「証拠が無いので」と当然のように取り合ってくれませんでした。
今後の事は弁護士と相談して行きますが
殺人未遂事件として立件するには
今は目撃者よりも、ドライブレコーダーでもない限り
立件は出来ないらしい。
それと、弁護士特約に加え、弁護士費用特約も
入って置いた方がいいよ!


怪我の具合

事故当日の夜、病院から帰って来てから暫くすると

下腹部が痛み出したので「嫁にちょっと見て」と言うと

嫁は「わぁー!」と言うだけで何も言わないので

何やねん!どうなってんねん!と言うと

事故その後 (1)お腹がこうなっていた・・・

ハンドルで僕の肉の鎧に傷が入った。

僕は、これ内臓とか逝ってたら

朝には死んどるかも知れんなぁ・・・と言うと

翌朝嫁が僕の事を起こすのに、まるで生きてるのか死んでるのかを

確認するかの様な起こし方だったが

全身打撲が酷く起き上がる事も出来なかったので

昨日は臨時休業をさせて頂きました。

事故その後 (2)そして今日は痛み止めを飲んで

何とか出社して、事故相手側の保険会社から

派遣されたアジャスターさんがご来店。

軽く見積もりを書いて渡したら

そりゃぁもうビックリするぐらいの金額だったのには間違いない。

事故その後 (3)痛い親指も内出血してきたけど

それでも明日はどうしても行かないとダメなので

明石から駈け付けてくれたべーほりさんと

旧2号機オーナーに手伝ってもらいながら

明日の準備完了明日の準備を整えました。

痛みは、コントロール出来ると思うので

明日も臨時休業とさせて頂きます。

申し訳御座いません。

国会議員日本維新の会いとう信久氏ご来店そんな事をやっていたら

衆議院議員 日本維新の会の

いとう信久氏がご挨拶にご来店下さいました。

何かと共通する部分が多いので

応援して行きたい方です。


peke_cb400f at 18:00│Comments(6)TrackBack(0) 治療 | ツーリング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by H号   2016年11月11日 18:44
こんばんは。お腹の傷が事故を物語っていますね…。僕もドライブレコーダー買おうか悩んでいます。

メインハーネスとハンドルスイッチの依頼をしていましたが、来月車検なのでその時に一緒にお願いしたいのですがいかがでしょうか?
2. Posted by K林より   2016年11月11日 21:10
うわ〜、痛そう!
でも『肉の鎧』がエアバッグ「Flesh Bag?」になってくれたのかも、、、僕ももっと食べなきゃだめかな〜ぁ???w
それでは、御達者で!
3. Posted by roymu   2016年11月13日 16:21
急ブレーキがあり、それにより後続車が転倒追突しライダーが負傷した事は事実。必要も無く急ブレーキを踏む事はないから、交通の状況が分かれば、必要性や相当性が判断できるのではないでしようか?急減速する理由もなく急減速する行為は、後続車を認識していれば、危険行為に違いないし、その様な行為によって後続ライダーがどんな危険に陥るかは容易に想像できます。その上でやったのであれば傷害の未必の故意くらいは成立してもらわないと困りますね。
4. Posted by PeKe   2016年11月14日 18:47
5 > こんばんは。お腹の傷が事故を物語っていますね…。僕もドライブレコーダー買おうか悩んでいます。
>
> メインハーネスとハンドルスイッチの依頼をしていましたが、来月車検なのでその時に一緒にお願いしたいのですがいかがでしょうか?

これからの事故は訴訟の時代なので
警察も民事不介入の観点や
そもそも事故処理係りが面倒がって
今回の様な事故でも人身事故扱いしない事も多いので
いかに証拠を残すかになります。
弁護士に聞くと、第三者が目撃してもその証言自体
警察は無視する場合もあるそうなので
ドライブレコーダーは必要だと思います。
不利な証拠は出さなければ良いだけですから。
5. Posted by PeKe   2016年11月14日 18:47
5 > うわ〜、痛そう!
> でも『肉の鎧』がエアバッグ「Flesh Bag?」になってくれたのかも、、、僕ももっと食べなきゃだめかな〜ぁ???w
> それでは、御達者で!

無駄に肉の鎧を付けている分けでは無いのが
毎回証明してくれてますw
6. Posted by PeKe   2016年11月14日 18:53
5 > 急ブレーキがあり、それにより後続車が転倒追突しライダーが負傷した事は事実。必要も無く急ブレーキを踏む事はないから、交通の状況が分かれば、必要性や相当性が判断できるのではないでしようか?急減速する理由もなく急減速する行為は、後続車を認識していれば、危険行為に違いないし、その様な行為によって後続ライダーがどんな危険に陥るかは容易に想像できます。その上でやったのであれば傷害の未必の故意くらいは成立してもらわないと困りますね。

全く仰るとおりです!
そもそも何処も事故処理係りは
事故処理が面倒なので
余程の事でも無い限り何時も適当です。
お決まりの言葉は「免許の点数が云々」
警察には立証責任があるはずなのに、被害者側が立証しないと
訴えすら取り合わない例もあるのが現実です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔