2016年06月02日

不正改造車を排除する運動強化月間3

6月は「不正改造車を排除する運動」強化月間で
〜特に違法マフラーの排除に向けた取組みを強化〜
と言う事ですが、旧車に乗っている僕には関係の無い事。
確か86’以前に製造された逆輸入車両には音量規制は無く
仮に測定される場合は、20M離れて測定する事が本来の測定方法です。
ただし、平成13年以降に輸入された車両には13年度規制があります。
詳しい事は違法を助長する事になるので余り書きませんが
知らないと、法律を知ったかぶりをした奴らに
無駄に違反切符を切られるので
自分の乗っている車両は、何に該当するのかを
知った上で、大人のカスタムを楽しみましょう。
流石に直管はダメですよねw
測定も強制ではなく、任意なので拒否も出来ますし
(音量を測定され違反が確定した時点で強制です)
測定を強要されずに、その場から立去る方法もあります。
まぁ恐らく取り囲まれるとは思いますが
任意捜査に置いて、自分の通行の妨げになる行為は不当監禁になります。
余りにも理不尽な場合は、写真を沢山撮影して
公安委員会に手紙で報告するぐらいの気持ちでいて下さい。


ヨシムラミクニTMRセッティング

昨日の定休日はヨシムラミクニTMRのセッティングを出しにアゲインへ。

ヨシムラミクニTMRセッティング (1)何度もダイノジェットで回しては

データーを見てMJの交換や

MJNのクリップ位置を変更して

何とかノーマルエンジンで

ヨシムラミクニTMRセッティング (2)ベストなセッティングが出てくれました。

キャブがでかく、エンジンがノーマルで

マフラーの排気効率が悪いので

カスタム車両ならもっと綺麗に回ると思います。


愛媛T号フレーム補強完了

ついでに愛媛T号のフレーム補強が仕上がったので

愛媛T号フレーム補強完了 (1)持って帰ってきました。

5箇所補強をいれました。

後はスイングアームの加工が終われば

塗装に出せます。

愛媛T号フレーム補強完了 (2)取合えず今日は塗装の準備の為

ローリング状態にしたあったので

フレームに付けた部品を取外します。

これで塗装準備は完了です。


1号機フロント周りO/H

入荷してくる予定だった部品が入って来なく

ちょっと時間に余裕が出来たので1号機のメンテナンス

1号機フロント側TMS修理 (1)先日リア側のTMSの電池交換と

修理をしたので、今回はフロント側の

電池交換をする事に。



1号機フロント側TMS修理 (2)一度やったら二度目はサクサクッと分解。

今回は電池交換だけで済みそうと

思っていたのに…



1号機フロント側TMS修理 (3)やっぱりアース側が千切れました…

恐らく振動でハンダが千切れるのでしょう。





1号機フロント側TMS修理 (4)仕方ないのでこれもハンダで修理。

目が見えないのでこう言うのを使いますが

見えていても使える物なので便利です。



1号機フロントフォークOH (1)もうついでにフロントフォークもO/Hする事に。

インナーも4年ぐらい前の事故で

少し曲がっているので

交換します。

1号機フロントフォークOH (2)ついでのついでに

オリフィスも更に流量を制限した物に

交換してみるテストもやってみます。

レーサーに乗り慣れると町乗りは軟らか過ぎます。

1号機フロントフォークOH (3)ついでのついでのついでに

ボトムケースもくすんで汚れているので

綺麗にバフります。

これで5日の日はソコソコ綺麗な1号機になります。

1号機フロントフォークOH (4)はい!出来上がり!!

明日は姫とナイトツーリングなので

早仕舞いです。

ついでにフロントフォークの具合もチェックします。

1号機TMS修理完了TMSも久し振りに前後とも可動しました。

多少の誤差はありますが

目安にはなるので

結構便利なんですけどねぇ…

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) キャブレター | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔