2016年05月30日

急遽火入れ

先日自宅の風呂場で滑って
転倒してしまい、かかとを強打して
右腕をひねってしまい、それがまだ痛い…

絶版二輪車祭で、ショップデモ車両の走行と
MCの方とのトークがあるらしい…
どうしよう…


京都H号火入れ

よくよく考えたら純正キャブのSJが見つかった。

京都H号キャブレター組立て (1)それはリビルト途中のまま放置されている

キャブレターの部品の中にあった。

何で昨日思い出さなかったのか!

と、激しく悔やみます。

京都H号キャブレター組立て (2)これで京都H号のキャブが組めるので

早速サクサクッと仕上げます。





京都H号キャブレター組立て (3)はい、完成です。

ASをチェックしてみると2,1/4〜2,1/2に

なっていたので、こりゃぁアイドリングが薄い

一応全部調整しておきました。

京都H号火入れ (1)車体にキャブを取付けて

火入れの準備。





京都H号火入れ (2)実圧縮圧力は平均0.95Mpaです。







京都H号火入れ (3)火入れの準備も整ったので

サクッと火入れ!





京都H号火入れ (4)点火時期の調整。







京都H号火入れ (5)良い感じですが

バキューム圧が低いので同調調整。





京都H号火入れ (6)まぁこんなもんでしょう。

早速今晩試運転してきますが

タンクを乗せたとたんキャブの調子が…

多分ガソリンが悪いのでしょう…

京都H号火入れ (7)アップハンドルにバックステップの

このスタイルで僕の足が

どれだけ耐えれるのか…

ハンドル交換も出来れば納車前が良いですね。


1号機サムブレーキ

油圧クラッチ化するに当り、マスターをラジアルにしてしまったが故に

1号機サムブレーキ取付け変更今まで使っていたサムブレーキの

取付け方法を変更せざる得なくなってしまい

先日から苦労しているのですが

色々なアイテムを駆使して取付けてますが

未だに納得の行く形にならない…

腹立っわぁ!


蝦夷号部品整備

早ければ来月初めから2週目までには内燃機加工が終わって

蝦夷号部品整備 (1)戻って来ると思うので

エンジン臓物と、ゴミレベルの部品の仕分け

でも捨てたのはメインハーネスと

朽ち果てたエアークリーナーボックス程度…

蝦夷号部品整備 (2)ミッション関係はこれから洗いに掛けて

ベアリング交換などの整備を済ませます。

多分フレームが大幅に遅れると言う情報なので

完成はまだ少し先になりそうです。

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) キャブレター | レストア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 三代目   2016年05月30日 22:44
今回は、遅刻しない様頑張って行きます❗️
2. Posted by PeKe   2016年05月31日 15:58
5 > 今回は、遅刻しない様頑張って行きます❗️

くれぐれもお気を付けていらして下さい!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔