2016年05月23日

6月の月例ツーリング予定3

昨日CP店長と打ち合わせして
来月のCP月例ツーリング(6月12日第二日曜日)は
ソースカツ丼or海鮮丼ツーリングに決まりました。
総走行距離はCPからで約330キロとなります。
第一集合場所CP、8:00出発。
第二集合場所名神京都東IC出口横9:00時頃出発。
今の所の予定としてはこんな感じです。


部品達

試作のスピードワーニングユニットですが

スピードワーニングユニット試作ケースに樹脂を流し込んで

純正同様にベークライトで蓋をすると

樹脂の中に沈み込んでしまうので

右の様にベークライト無しで作ります。

当時のホンダの技術力には参りました。

京都H号再メッキ部品仕上がり京都H号用などの再メッキが

仕上がって戻ってきました。

後は内燃機加工が終われば

エンジンの仕上げに取掛かれます。

8号機復活用部品入荷8号機復活用部品も入荷して来ました。

トップブリッジは愛媛のT様から

先日奪い取りました。

これで早く復活させて下さい。

先日姫とツーリングに行った際京都市内に入ったとたん

姫号用部品もぎ取り (1)オーバーヒートしてしまったので

オイルクーラーを付けたい所ですが

まだ学生なので色々と大変なので

取合えず不動車から油温計をもぎ取りました。

姫号用部品もぎ取り (2)次回のオイル交換の時にでも

新型フル強化オイルポンプを取付けて

油温計も温度管理の為に

取付ける事にしました。

センサー本体は転倒で断線しているので、仕方なく新品を発注。


ヨシムラミクニTMRセッティング

MJを交換して暫く乗って調子を見てますが、中々良い感じです。

ヨシムラミクニTMRセッティングプラグの焼け色も白から

綺麗なキツネ色になりました。

アイドリングが安定しないので

PSを少し大きくしてみようと思ってます。

時間があればパワーチェックしてみます。


愛媛T号エンジンブラスト

先日CPに起こしになって、色々と打ち合わせを済ませたので

早速フレームは補強と、測定に出しました。

そして今日からエンジンのウエットブラストに取掛かります。

愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (1)見た目は綺麗に見えますが

耐熱塗装をされているだけで

綺麗に見えるだけです。



愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (2)ウエットブラストで仕上げると

余り変化してないような気もしますが

それなりに艶が出ました。



愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (3)シリンダーも同じく耐熱塗装されてます。

このフィンの間の塗装を

ウエットブラストで剥がすのが

結構大変なです。

愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (4)これも良い感じに艶が出ました。

ヨシムラでボーリングされているので

ヨシムラの刻印が打たれてます。



愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (5)これも同じく耐熱塗装されたアッパーケース。

下地は割りと綺麗にしてから

塗装されているので

耐熱塗料が剥がれれば

愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (6)綺麗に仕上がります。

これも良い感じに仕上がりましたね。

やっつけの耐熱塗装は

剥がす手間が掛かるので

愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (7)後々の事を考えれば

塗らない方が絶対に良い!

ロアケースなんて初めから

塗ってないのを塗るなんてありえない。

愛媛T号エンジンウエットブラスト仕上げ (8)取合えず今日はここまで

ボチボチ部品を引っ張り出して

再メッキとかブラストとか

やって行きますので。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 部品 | キャブレター

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔