2016年05月09日

第二回CP月例ツーリング3

相変らずの遠足病だったのですが
第二回CP月例ツーリングも無事に楽しく終わりました。
走行距離約330キロと結構走りました。
普通ツーリングから帰ったら2キロぐらい
痩せているのですが、今回は2キロ増えてました…
参加された皆様、お疲れ様でした。
また今回参加出来なかった方は
次回の月例ツーリングでお会いしましょう!


第二回CP月例ツーリング

今回の参加台数は僕を入れて8名の方に参加して頂きました。

160508第二回CPツーリング (1)朝8時CP出発組みは僕と

7号機に乗る真ん中の弟と

バッテリー交換したS君の3台と

ファミマ合流の某青い方

今回銀ちゃんは仕事で来れなくて残念そうでした。

160508第二回CPツーリング (2)ほぼ予定時間に針T・R・Sに到着

先に到着していたのはKennyさん

他の方を待っている間に牛串とイカ焼き

タコ天とソフトクリームを食べながら待っていると

Z1に乗ったJ君とフォアに乗ったMさんとバンテッドに乗った

160508第二回CPツーリング (3)Yさんが到着したので

ルートの打合せとミーティング。

今回の目的地は猪の川温泉と青山高原

安全運転、無検挙で楽しく走ります。

160508第二回CPツーリング (5)少し早めに猪の川温泉に到着して

ここで昼食を頂きます。

他にも色んなアクティビティもあり

温泉に入っても良しな所です。

160508第二回CPツーリング (6)ここは猪料理が有名なのだろうと思いますが

無難に牛スキ鍋定食を頂きました。

そしてお腹も満たされ

次の目的地へ移動。

160508第二回CPツーリング (8)少し厳しいルートでしたが

無事に青山高原に到着。

ここでソフトクリームを食べて

喉が渇いたのでファンタグレープを飲んで

160508第二回CPツーリング (11)最後の休憩場所、大内ドライブインに到着

ここで不二家のピーチネクターを飲んで

ゆっくりと休憩、GWに皆走り倒したのか

意外と交通量も少なかったし

バイクも少なかったかな、次の月例ツーリングでは余り食べない様に我慢します。


シリンダーヘッドフィン修正

宝物庫のシリンダーヘッドのフィンが曲がっていた事に気付かず

シリンダーヘッドフィン修正 (1)保管していたので

何時でも直ぐに使える様に

この曲がったフィンの修正をやっておきます。



シリンダーヘッドフィン修正 (2)チョイチョイっと曲がったフィンを修正。

凹んだ所は直す気になれば

溶接で肉盛りすれば直ります。

凸っている所は削り落として形成します。

シリンダーヘッドフィン修正 (3)こんな感じに仕上がりました。

もっと本気でやる気になれば

修正跡は分からないぐらいに

仕上げられます。

今日は雨なので、元自由人君はお休みで、コムアキ号のポート研磨は

今の所完成は木曜日ぐらいになりそうです。

新型強化オイルポンプとピストンクーラーそれと最近問合せの多いピストンクーラーですが

新型強化オイルポンプのRタイプとの

組合せがベストで、オイルラインの加工も

やっておいた方がよりベストです。

今新型強化オイルポンプの製作がギリギリな状態ですし

ベースのオイルポンプの残りも少なくなって来ているので

ご入用の方はお早めにご予約下さい。


蝦夷号腰上ブラスト

測定などを先に済ませたいので、腰上のブラストを先にやります。

蝦夷号シリンダーとヘッド測定準備 (1)まずは何時ものガスケット剥がしから。

恐らくこのエンジンは未分解です。

ピストンにスカッフが多いので

ピストンが使えないかも知れません。

トップブリッジもついでに剥離しちゃいます。

蝦夷号シリンダーとヘッド測定準備 (2)その間にシリンダーヘッドの分解

スタッドボルトが綺麗に抜けると

良いのですが…

フィン欠けがあったのでこれは修正ですね。

蝦夷号シリンダーヘッド交換 (1)古いスタッドボルトを抜いていたら

1/3ぐらい抜けた所で1箇所折れました…

もう一箇所はヘリサート処理されているのですが

あさっての方向を向いているしフィン欠けもあるので

蝦夷号シリンダーヘッド交換 (2)これらを修正する費用を考えると

中古ヘッドが買えるので

仕方なく宝物庫から中古良品の

シリンダーヘッドを出す事にしました…

蝦夷号シリンダーガスケット剥がし終了シリンダーのガスケット剥がしも

合間にやっつけました。

綺麗に剥がれましたが、どうやら塗装されてます…

ウエットブラストで落ちれば良いのですが…

蝦夷号トップブリッジブラスト取合えずトップブリッジは

ウエットブラスト完了です。

これをオリジナルと同じ

半艶で塗装します。

蝦夷号シリンダー&ヘッドウエットブラスト完了 (1)シリンダーのウエットブラスト

やっと完了しました。





蝦夷号シリンダー&ヘッドウエットブラスト完了 (2)代替のシリンダーヘッドも

ウエットブラストが完了しました。





蝦夷号シリンダー&ヘッドウエットブラスト完了 (3)明日室温を管理してから

ヘッドとシリンダーの歪み測定と

シリンダーのボア径の測定に

取掛かります。

蝦夷号ピストンスカッフあぁ…ピストンも取外して

カーボンを取らないと…

全体的にピストンのスカッフが多いので

使えるかどうかが気になる所です。

蝦夷号ピストンカーボン除去取合えずピストンも取外して

カーボンを除去しました。

明日測定に取掛かります。

最悪は398専用0.25オーバーサイズも

作ったので、それを入れる方がベストかも知れません。

蝦夷号クランクケース開放チェッククランクケースも開放したので中のチェック!

オイル焼けはしていますが

状態は悪くは無さそうです。

今日はここまで


まごじ号用エンジンスタッドボルト

善意ある尾張のまっきーから、まごじ号用にスタッドボルトが

まごじ号用スタッドボルト着払いで送られて来ました。

これでまごじ号エンジンのスタッドボルトが

交換出来るのですが、問題は

今入っているスタッドボルトが

折れずに抜けるかどうかの方が重要になります…

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) ツーリング | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔