2016年03月28日

我侭仕様3

昨日も今日も天気が不安定で
満タンのPITはバイクを出せない状態なので
作業はウエットブラストがメインになります。
ウエットブラストの作業をしていると
電話の音が聞こえないので
お電話を頂く方にはご迷惑をお掛け致します。


一夜雫と対戦

CPのお客様、最北端の地から送って頂いた

一夜雫と毛蟹と対戦 (1)毛蟹と僕のエネルギーを早速頂きました。

何でも流氷が去った後の毛蟹の味は

最高なんだそうです。

蟹好きの嫁はかなりご機嫌でした。

一夜雫と毛蟹と対戦 (2)僕も「一夜雫」を一晩で倒すぐらい

飲みやすくて美味しいお酒と毛蟹でした。

まだ蝦夷のN号の作業にも着手してないのに

先にアルコールに手を出してしまいましたが

ありがたく頂きました。


CPバフ機導入

僕は余り導入したくなかったのですが、たまたま手に入った事もあり

バフ機設置 (1)両軸のバフを設置する事になりました。

土台を作るのが面倒なので

使わなくなって頂いた

開かずの金庫を土台にする事にしました。

バフ機設置 (2)設置作業は当然弟にやらせるのですが

それよりも開かずの金庫自体の方が気になり

何とか金庫を開ける事に成功したのですが

金の匂いすら入ってなく空っぽでした…

バフ機設置 (3)それでも多少心も折れながらですが

バフ機の設置と配線を進めて行きます。

金庫の中にはバフ用の小道具を

入れる事にしたので、まぁ開けて良かったかな。

バフ機設置 (4)近日中に使える様にするのですが

一番喜ぶのは、勿論銀ちゃんです。

何だかんだと言って、弟も喜んでいるはず。

綿ボコリで迷惑を感じるのは僕だけです。

バフ機設置 (5)今日タイミング良く入荷して来た

バフ用の材料を設置してみました。

多分これを最初に使うのは

奴だろうな。


我侭まごじ号エンジンブラスト

昨日届いたシリンダーの最終仕様はガンコート塗装。

我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (1)そのシリンダーの下地処理と

錆汚れをウエットブラストで

綺麗に仕上げました。

昨晩オーナーからの電話で

我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (2)ガンコート仕上げと言う所が

オーナーのツボにはまったらしく

拘りの塗装を全部剥がして

ガンコートで仕上げると言い出した…

我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (3)拘りの塗装を傷つけないように

洗浄したシリンダーヘッドですが

結果ウエットブラストでガンコート塗装の

下地処理をする事になりました…

我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (4)塗装を剥がして綺麗になった

シリンダーヘッドには

フィンにヒビが入っているのが見つかりました。



我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (5)何時かのO/Hでこじられた痕跡も

はっきりと分かります。





我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (6)間違えたのか、故意なのか

シールワッシャーを入れられてあった場所

段付きになってしまってます…

ここはオイルが漏れるので座面を研磨します。

我侭まごじ号エンジンウエットブラスト (7)本来シールワッシャーが入る所も

座面が荒れているので

ここも座面を研磨します。

今から10箇所のリコイルとリタップをやって

我侭まごじ号リコイルとリタップガンコート塗装より先に

内燃機加工に出す事にします。

塗装を先にやって内燃機加工に出して

塗装に傷が入る可能性もある為です。

まごじ号内燃機屋送り準備中その間に腰下の塗装の剥離と

ウエットブラストで下地処理をします。

取合えず内燃機屋さんへ明日には

発送する予定です。

まごじ号新型強化フルオイルポンプRタイプに交換 (1)ついでにまごじ号の旧型強化オイルポンプを

新型強化オイルポンプに交換します。





まごじ号新型強化フルオイルポンプRタイプに交換 (2)しかもピストンクーラーも取付けるので

Rタイプの新型強化オイルポンプになります。

今までのスカスカのボアアップ466ccと違い

今度のエンジンは凄いよ!

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔